FC2ブログ
 

ボディアタック・メモランダム曲紹介やコリオのレビュー等ボディアタックに関する情報発信ブログサイト 

My BODYATTACK "Best of 2017" Track List

   ↑  2017/12/31 (日)  カテゴリー: マイ・ベスト
2017年のボディアタック(95~98)のトラック別マイベストです。

The Best of 2017 "Warmup Track"
BA95-01.   Ready Or Not Here I Come Gho$t

Song List of 2017 "Warmup Track"
BA96-01 Rise (Like A Thousand Suns) Tom & James
BA97-01 My Way (Bonjkers & Staynee Remix Edit) Hollywood Hustlers

ボディアタック95がリリースされた1年前頃は個人的にジムを移った時期で、環境が大きく変わったので単純に曲やコリオの良し悪し、好き嫌いを語るのは難しいですが、1曲目に関しては95リリース時にこれが今年のマイベストと確信(笑)。なんとなく、最近の1曲目の評価は、プッシュアップの体勢からスタンディングの体勢へ移行するところの気持ち良さで決まっている気がしないでもないですが、この曲も立ち上がってからの瞬発力・爆発力みたいなものがとてもいい。そしてとにかく曲がいい。たぶんボディアタックだと1曲目にしか使えないんじゃないかというくらいウォーミングアップに最適化された名曲。

The Best of 2017 "Mixed Impact Track"
BA97-02.   Stay Up Till The Mornin' Will Sparks & Luciana

Song List of 2017 "Mixed Impact Track"
BA95-02 Do It Right Digital Planet
BA96-02 Fireflies (Extended Mix) Bassjackers feat. Luciana
BA97-02 Stay Up Till The Mornin' (Original Mix) Will Sparks & Luciana
BA98-02 Freaks TJR

ミックスド・インパクトトラックは 97 がかなりのお気に入り。本文にも書きましたがレッグカールのクロス・ハイ・プル・アームズに移行するところですね。これは楽曲の良さに負うところが大きくて、リズムセクションの響き方が心地いいです。これ普通に YouTube とかで聴いてもなんともないので、やはり新ジムスタジオの音響設備のクオリティのおかげでしょう。ジムを移籍した理由の一つに音響設備の問題(まあ個人的な好き嫌いとも言えますが)もあったのですがそれが顕著に表れた形に。あと BA95-02 Do It Right もいいのですが、この曲は早鳥製造マシーンの一面があって、ランジで横向くところでとにかく早鳥になりがち。そのフラストレーションがマイナスポイントですかね。あと、1曲目と2曲目の繋がりでいくと 96 が最高ですね。

The Best of 2017 "Aerobics Track"
BA98-03.   The Greatest Power Music

Song List of 2017 "Aerobics Track"
BA95-03 Together Forever Everglaze
BA96-03 Just Like Fire Power Music
BA98-03 The Greatest Power Music

今年はトラック別ではエアロビクス・トラックが一番クオリティが高かったように思います。4曲とも名曲のハズレなし。音楽に合わせて体を動かすというエアロビクスの楽しさ満載の鉄板トラック。それなのに60分フォーマットでしかできないというのはやっぱりおかしいと思うけどその話は置いといて、この4曲の中でも今年はなんといっても98ですね。個人的には歴代のエアロビクストラックの中でも上位に入る名曲。老若男女東西南北問わずボディアタックを楽しめる1曲ではないでしょうか。

The Best of 2017 "Plyometric Track"
BA96-04.   B.A.D Wilding Fire

Song List of 2017 "Plyometric Track"
BA95-04 No Alternative (Dancecore Edit) DJ Mikesh & DJ Neo
BA96-04 B.A.D Wilding Fire
BA97-04 Go! (Vincent Price Remix) Wolfpack & Avancada
BA98-04 Live The Night W&W, Hardwell & Lil Jon

98-4 の記事で書きましたが元プライオメトリック・トラック信者としては、最近のこのトラックの位置付けがかなり不満。ボディアタックの構成の問題ですが、なんというかボディアタック全体の強度を上げるのではなく、プライオメトリックとパワー(いわゆるピークの2曲)でガッツリ追い込む構成でいいと思うんですけどねー。私が思うにボディアタック85くらいまでがまさにそう。BA85-04 I Came Here to Party、BA84-04 Raver、BA83-04 Layla、BA82-04 Partycrasher、BA81-04 This Is How We Rock!、BA80-04 Rock The World、BA79-04 All U Deejays・・・どの曲をとってもオリジナリティがあって、高強度ながら楽しさも散りばめられていて、プライトメトリック・トラックが主役の時代。どの曲をとっても1曲ずつアタトーークで話題にできそうな曲ばかりです。まあ昔を振り返ってばかりではいけないので今に目を向けて、今年のベストというと B.A.D. ですね。ベストというか他の曲が今一つしっくりこないので消去法みたいな感じなのが悲しいです。どうしてもバーピーとかランジを詰め込んだだけという印象がぬぐえないので・・・

The Best of 2017 "Athletic Strength Track"
BA95-05.   Run It Loca Noise feat. Brooklyn Bounce

Song List of 2017 "Athletic Strength Track"
BA95-05 Run It (MNS & Selecta Remix) Loca Noise feat. Brooklyn Bounce
BA96-05 Tic Tic Tic Dada Life feat. Lizzy Hale
BA97-05 Mic Check (Original Mix) GTA & TJR
BA98-05 Jump & Sweat Garmiani feat. Sanjin

新フォーマットに馴染めない件。↓は昨年の My BODYATTACK "Best of 2016" Track List から。
昨年のベスト記事で「新フォーマットのアスレチック・ストレングスはここまで1勝3敗」などと書いてますが、1年経って4曲増えた今の成績は「1勝7敗」です。その後勝ち星なし。
つまりボディアタック87からフォーマットが変更になって、87~94の8曲を評価したら1勝7敗、つまり全く馴染めない、というのが昨年のコメント。それが今年は様変わりして名曲のオンパレード。特にこの 95-5 の存在が大きい。本来5曲目が持ってたチャレンジングな要素を、新フォーマットに上手く融合できたような印象です。95-5 の、プッシュダウンした体勢からアップ→ダウンと通常と逆に始めるプッシュアップ、96-5 のファストプッシュアップあたりがいい味出してます。やっぱりボディアタックの5曲目ってロマンだと思うのですよ。世の中にあるエアロビクスのクラスでプッシュアップ入っているものもありますが、ボディアタックみたいに1曲まるまるなんて(おそらく)ないでしょうし、まだ体力が残っている5曲目という配置も絶妙で、4曲目までとはまた違った汗がかけますしね。チャレンジングなワークアウトを楽しくできる、という点で5曲目には他にないロマンを感じるわけです。こういう曲ならアスレチック・ストレングスもいいですね。(とは言うもののアッパーボディには劣ると思うw)

The Best of 2017 "Running Track"
BA95-06.   Good To Be Alive Power Music

Song List of 2017 "Running Track"
BA96-06 Tell Me Why 2K15 (Festival Radio Edit) Mr. Da-Nos feat. David Anthony
BA97-06 The Feeling TI-MO

ランニング・トラックは昨年までの安心・安定から多少色物的な要素が入ってきましたかね。だるまさんが転んだ、スプリンターニー、スモースクワットライクなスクワットetc。トレーニング重視ならば 55-6 Paradise みたいな方向性があってもおかしくはないですが、そうはならないんですね。とりあえず昔ながらのお気楽ランニング・トラックが好きなので、95-6 で。

The Best of 2017 "Agility Track"
BA96-07.   We Wanna Party TJR feat. Savage

Song List of 2017 "Agility Track"
BA95-07 Nervous Breakdown vs. Pump It Up (Disco FreakRemix Edit) Phil Giava & The Shrink Reloaded
BA96-07 We Wanna Party TJR feat. Savage
BA97-07 Jungle Bae Skrillex & Diplo present Jack Ü feat. Bunji Garlin

何かと話題の多かったアジリティ・トラックですが、We Wanna Party 一択。Jungle Bae のロングジャンプもコリオ的には大ヒットですが、如何せんしんどい(笑) ここ数年でアジリティ・トラックの位置付けが随分変わりました。個人的な印象では、以前はマスタークラス後半はランニング+アジリティで楽しみ&一息つきながらインターバル・パワーに備えていたのが、今はランニングで一息ついてアジリティ・インターバル・パワーに備えるようになりました。それに伴って後半の「楽しい」要素も少なくなってきている中、We Wanna Party の楽しさは新境地で ABC や You Can't Stop The Beat (Hairspray) とは別世界、ラダーラン、ストラドルラン、前後のジャンプ(これがキツイ)が絶妙に盛り込まれた「今」の最高に楽しいアジリティ・トラックだと思います。

The Best of 2017 "Interval Track"
BA96-08.   Summer In Our Hearts Basslovers United feat. Tommy Clint

Song List of 2017 "Interval Track"
BA95-08 One Call Away Power Music
BA96-08 Summer In Our Hearts (Hands Up Freaks Remix Edit) Basslovers United feat. Tommy Clint
BA98-08 Salvation (Hands Up Freaks Remix Edit) Basslovers United & Combination

インターバルは正直なところ、どれもあまり印象に残っていません。アジリティで疲れ果ててしまっているからかも(笑) ほぼ曲が好きかどうかで決めてしまった・・・

The Best of 2017 "Power Track"
BA97-09.   Get Up! Tom Reevox

Song List of 2017 "Power Track"
BA95-09 Get Loose (Tiësto Remix) Showtek & Noisecontrollers
BA96-09 Ready For Action (Extended Mix) Sidney Samson feat. MC Roga
BA97-09 Get Up! (Club Edit) Tom Reevox
BA98-09 Human Power Music

一転、パワー・トラックは全4曲とも大好きでどう順位付けてよいのか困ってしまった。まさにボディアタックのメインパートであり、パワー・トラックの良し悪しでナンバーの良し悪しが決まると言っても過言ではないかも。今回は大きく2つに分かれて、 Ready For Action + Human 組と、Get Loose + Get Up! 組。前者は最近のスタンダードな印象のある、バーピー・タックジャンプを織り交ぜた2~3セットで追い込む組。中でも Ready For Action のジャンピングジャックからのエアジャンプ×8が超絶気持ちいい。後者は個よりもスタジオ全体の動きをイメージした印象の組。Get Loose はニーアップで中央にして集合してニーアップしながら解散w、Get Up! はハイニーランでスタジオ前部に移動してダッシュでスタジオ後方を向いて走る・・・。で、ベストを決めるなら Ready For Action と Get Up! のどちらかで、甲乙付け難いものの現時点の気分で Get Up!。

The Best of 2017 "Core Track"
BA96-10.   Down For Whatever Kelly Rowland feat. The WAV.s

Song List of 2017 "Core Track"
BA95-10 This Is What You Came For Calvin Harris feat. Rihanna
BA96-10 Down For Whatever Kelly Rowland feat. The WAV.s
BA97-10 Love On Me Galantis & Hook N Sling
BA98-10 Just Hold On Steve Aoki & Louis Tomlinson


The Best of 2017 "Cooldown Track"
BA97-11.   Never Give Up Sia

Song List of 2017 "Cooldown Track"
BA95-11 Can't Stop The Feeling! Justin Timberlake
BA96-11 Gold Dash Berlin, DBSTF feat. Jake Reese, Waka Flocka, DJ Whoo Kid
BA97-11 Never Give Up Sia
BA98-11 Nothing To Lose (Gaillard Remix) Lester Williams feat. Danny Shah

Core と Cool Down はコメント書けず。最近のものは同じ動き(トップハーフ・クランチやツイスト・クランチ等)が多く、以前ほど印象に残る曲が少ない。もちろん加齢とともに記憶力が落ちているのもあるでしょうけど(笑)



今日で 2017 年も終わりですが、今年のハイライトはなんと言っても LESMILLS LIVE TOKYO でしょうね。去年の ONE LIVE でも十分感動しましたが、今年参加された方々には更なる感動があったことでしょう。
LESMILLS LIVE TOKYO のタイミングで BODY ATTACK 100 のレッスンがあったこと。
BODY ATTACK 100 に See The Light が入っていること。
See The Light (63-8) のプレゼンターを務めた KARI が会場にいたこと。
KARI を LISA がステージに上げたこと。
KSCへのボディアタック復活とスポットライトを浴びる KARI がリンクしているようでもあり、まさに奇跡の連続のイベントだったのではないかと思います。
個人的には昨年に匹敵するくらい激動の年となりました。ちょっと書きましたがジムの移籍でボディアタック環境が激変。それまでとは違うクラブに入り、ほぼ車移動だったのが電車移動になり、昼飲みの機会が激増(笑) 今年後半は腰痛で思うように動けず、手術したことで運動厳禁生活となり、今に至ってます。
そして明日からの 2018 年は、どんな年になるのでしょう。BODY ATTACK 100のリリース、KSC のボディアタック完全復活なるか等々、楽しみや期待がある反面、(45メインになるのでは?という)フォーマット問題やオフ・ザ・ビートはやっぱりあるのか問題等w気になることもあります。まあ何より、もう激動の年は勘弁して欲しい。じっくり腰を据えてボディアタックがやりたいです。そして私個人としてはまず復帰しないと。来年1月、ぶよぶよの体で復活予定ですので、よろしくお願いいたします。それでは皆様、良い年をお迎えください。

FC2スレッドテーマ : フィットネス (ジャンル : ヘルス・ダイエット

(記事編集) https://bodyattack5204.blog.fc2.com/blog-entry-914.html

2017/12/31 07:13 | Comment (4) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
この次の記事 : BA99-01 Don’t Look Back
この前の記事 : BodyAttack99 Tracklist

Comment


多少違うところも有りますが、唯一、譲れないのは、アスレチックは、個人的にはTicTicTicというところですかね(^^ゞ

レスミルズ大好き |  2018/01/16 (火) 21:20 [ 編集 ] No.1886


レスミルズ大好きさん

Tic Tic Tic 以外が近いっていうのが逆に意外でしたw

あたろー |  2018/01/17 (水) 06:21 [ 編集 ] No.1887


ご参考まで(いらないとか言わないで)

あたろーさん、こんにちは!
1曲目同じ!おおっ! っと思いましたが、トータルでは全然違いましたよ。
曲名省略でナンバーのみですが:
95-1, 96-2, 97-3/98-3, 95-4, 96-5, 97-6, 96-7, 95-8/98-8/96-8, 95-9/98-9, 95-10/98-10, 95-11
文句なしに一発で決められたのが、97-6のみ…(スプリンター・ニー!)。あとは結構迷い迷いですね~。
甲乙つけがたいの→「/」にて。インターバルは正直どれも好きで選べないのですが、右スーパーマン(これが重要なのに、ホームのイントラくんよく間違える)の95-8(歌詞が乙女心(もとい、オバサン心)にしみるううう~)が強いて言えば一番。
次点だけど10曲目に98-10(ゴロゴロ)入れるあたり、めろんぱんだらしさ出てるカモカモ?!

めろんぱんだ |  2018/01/30 (火) 19:04 [ 編集 ] No.1903


めろんぱんださん

ウォームアップとアジリティ以外は別ですね~パワーはまるで逆。スプリンターニーなんて、言われるまで眼中になかったですw いい曲が多かったのは良かったけど、インターバルとか甲乙つけがたすぎでしょw

あたろー |  2018/02/01 (木) 06:13 [ 編集 ] No.1904

コメントを投稿する 記事: My BODYATTACK "Best of 2017" Track List

お気軽にコメントをどうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

この次の記事 : BA99-01 Don’t Look Back
この前の記事 : BodyAttack99 Tracklist