FC2ブログ
 

ボディアタック・メモランダム曲紹介やコリオのレビュー等ボディアタックに関する情報発信ブログサイト 

このページの記事目次 (カテゴリー: フォーマット変更

アスレチック・ストレングスの功罪

   ↑  2015/12/06 (日)  カテゴリー: フォーマット変更
#87 でボディアタックのフォーマットが変更になって約1年経ちました。これまでツイッター等でちょこちょこ発言はしていましたが、ここで改めて新フォーマットについて考えてみたいと思います。新フォーマットとはいっても、コア・ストレングス(11曲目、以下CS)は旧アブドミナル(11曲目、以下AB)とほとんど変わりませんので、ここではアスレチック・ストレングス(5曲目、以下AS)についてです。



まず AS とはプッシュアップ中心のアッパーボディ・コンディション(旧フォーマット5曲目、以下 UB ) と、スクワットやランジ中心のローワーボディ・コンディション(旧フォーマット10曲目、以下 LB) を合体させたトラックのことで、従来の2曲分が1曲に統合されたものです。

AS (新フォーマット5曲目)= UB (旧フォーマット5曲目) + LB(旧フォーマット10曲目)

UB および LB それぞれのトラックは、日本で #34 が公開されたときから存在していた定番中の定番トラックで、それ以降呼び方や曲順は違ってもその本質はほぼ変わることなく続いてきたトラックです。実際にはこれらのトラックはボディアタック #3 (1993年) から存在しており、つまりはボディアタックが世に出たときから20数年もの間、同じ位置付けの曲として提供され続けてきたものと思われます。
それが 2014年の#86 を以て終了、#87 から新フォーマットの AS へと変わりました。最近のボディアタックの傾向である HIIT (High Intensity Interval Training) 寄りの路線ということでこのようになったのではないかと思われますが、ここでは新フォーマットになったことでの良し悪しを考えてみます。



まずは良い点から。
OK 多くの回数がこなせる
上半身と下半身を交互にトレーニングするので、上半身パートのときは下半身が、下半身パートのときは上半身が休憩できますので、それぞれを1曲ずつやるより多くの回数がこなせます。例えば BA87-05 Loco ではプッシュアップ144回ありますが、ちょいちょい入る下半身パートのおかげで回数の多さが紛れます。

そしてNGな点。

NG 曲が長くて飽きる
従来の2曲分が1曲になっているので、当然のことながら AS は曲が長い。これまでのパターンを見ると上半身パートと下半身パートで1セット。これを3~4セット繰り返すのでとにかく長く感じる。で、当然のことながら曲もそれ用に編集されているので、同じパートの繰り返し。動きも長けりゃ曲も長いで、メリハリ感に欠ける。例えば
BA50-05 It’s The Incredible
BA74-05 Born This Way
BA85-05 Waterfalls
あたりのような、ラストスパートで燃えるような曲展開も(今のところ)なし。

NG ボディアタックの最大の特徴がなくなった
これは全く個人的な思いなので軽く流してほしいのですが(笑)1曲丸々プッシュアップ(+α)っていうのはボディアタックの最大の特徴だったと思うのです。

強度高めの有酸素運動に、中盤と終盤でガッツリ筋コン、しかも1曲丸々プッシュアップ

強度高めの有酸素運動+筋コンもあるよ

文字にすればいわゆるエアロビクスと大差なく、他のレスミルズ・プログラムとの差別化も薄まったような気がしてなりません。

NG パワーの後すぐ寝ていいのかという不安
9曲目パワートラックで全力を出し切って、水も飲みたいし休憩もしたい、あー一応足は動かしておいたほうがいいな~ってことで、近場をうろうろしているあたりで次の10曲目が始まりますが、従来は立ち技(リピータやスクワット、ランジ)で徐々に心拍数が落ちるのを感じていましたが、新フォーマットではいきなりホバーやプランク。それまで散々「足は止めないで~」とか指示されていたのもフェードアウト。このあたり、そういう整合性の説明もなく、そのまま寝技に移行してよいのかなんとなく不安。

NG バックナンバーの構成がややこしい
フォーマットが変わると必ず発生する問題点ですが、複数のナンバーをミックスしておこなわれるレッスンでは、通常はイントラさんがトラック毎に1曲ずつ選曲されるのですが、新旧フォーマットが混在していると気をつけないといけない点がでてきます。今回の変更により「#86以前の UB、LB、AB と #87以後の AS、CSを混在してはならん」というルールがあるそうです。5曲目が AS なら10曲目は CS となりますので、次は何の曲かな?と楽しみにしてる人にとっては残念な展開に(現時点で4曲しかないので)。

NG 間違いルールの適用 … 日本だけか?(恥)
日本ではバックナンバー構成がややこしいという単純な話では収まらず「#86 以前の UB、LB、AB は禁止」という間違いルールが適用されてしまう、という別の問題を引き起こしてしまいました。この間違いルールは1クールで撤回されましたが、おかげで様々な傷痕ができてしまいました。

(傷痕その1)BA87-5 Loco が嫌われ者に
多くの人は、同じ曲を3ヶ月も続ければ嫌になります。#87 新曲シーズンが終わっても 5曲目だけは延々 #87-5。 いやイントラさんによっては #88 でも #89 でも #90 でもバックナンバーで #87-5 を使ってる。おかげで BA87-5 Loco が嫌いになった人多数。旧曲ができないというストレスがその嫌悪感を倍増させて、本来は名曲(だと思ってます)の Loco はボディアタック史上最も嫌われる曲に。Joel Fletcher & Seany B っていうのが Loco の原曲提供者そのものなのかわかりませんが、彼らとしてみればレスミルズに自分達の楽曲が使われて多少なりとも収益があってメシウマー!のところがまさか嫌われることになろうとは(日本のボディアタック業界という狭い範囲ではありますがw)

(傷痕その2)今なおこのルールが適用されている?
撤回されたこの間違いルールですが、これを書いている2015/12時点でもこの構成でのアタッククラスが多くあります。例えばとあるクラスの選曲は
75-1, 2, 3, 4, 87-5, 75-6, 7, 8, 9, 87-10, 11
おそらく間違いルールの適用前ならこのクラスは #75 通しでおこなわれたことでしょう。このようなイントラさんは間違いルールを引きずっているのか、別の理由があるのかわかりませんが、よくわからんからとりあえず筋コンは新フォーマットでやっとくか~というイントラさんが多くいそうな気がしてなりません。



以前知り合いのイントラさんも筋コンのみ新フォーマットに変えてボディアタックのクラスをやっていたので、なぜそうするのか聞いてみたことがありますが、「旧フォーマットは全般的に強度が低く、バランスを取るため(強度が高い新フォーマットの筋コンを入れている)」との答えでした。

いやいやいやいや 難しいことはわからんけど、感覚的には AS の強度高くないし。BA76-5 You Got The Love とか BA69-5 Sexy Chick とかのほうが強烈ですけど?まあ百歩譲ってその主張が正しいとして、じゃ新フォーマットの中に筋コンだけ旧フォーマット混ぜてもいいんじゃね?バランス取るのが目的ならそれでもいいはず。でもそんなクラスに出会ったことない。そして何より言いたい。通しでやればいいところを、筋コン変えたがために通しの良さを打ち消してしまってる。例えば #83 は 1、5、10 曲目にプランクからのニーアップがあって順に強い動きになっていくのに筋コン変えたら台無し。ついでに言わせてもらうと、筋コンだけ変えるイントラさんはほぼ間違いなくクールダウンもそのまま新フォーマットの曲をやる。そういう意味では BA87-11 Que Sera あたりも犠牲者。


ということで、功罪の「功」の部分が思っていた以上に少なくて焦っていますが(-_-)、これらを踏まえて私のフォーマットに関する提言です。
(NZへの提言)今からでも旧フォーマットに戻そう
これやってもらえると何も言うことはありません。20年続いたフォーマットは間違ってなかったのは世界が認める事実、という結論が付けばなおよし。
(LesMillsジャパンへの提言)間違いルール撤回を声高に
前述の通り、一度間違ったルールが適用されたために、それを引きずっているイントラさんが多いように思います。今さらどう強調しても改善されることは期待薄なので、「バックナンバーの筋コンは旧フォーマット推奨」くらいの勢いで本部から通達を出してほしいです。
(イントラさんへの提言)通しでは筋コン含めて通そう
最近は筋コンだけ新フォーマットに変えるパターンに出くわしたら、それはイントラさんの怠慢だと思うようにしています。プロである以上、怠慢は許せません。
(みなさんへの提言)声を上げよう
私の考え方が正しいとか間違いとかいろいろご意見はあるでしょうが、今の私はこのように考えている、ということです。私は自分が書いたことに責任は持ちますが、皆さんも是非それぞれの立場で考えていただきたいです。そしてそれがどういう意見にしろ声を上げていただきたい。少なくとも現状に不満があるのなら、声をあげることはとても大事なことです。

FC2スレッドテーマ : フィットネス (ジャンル : ヘルス・ダイエット

(記事編集) https://bodyattack5204.blog.fc2.com/blog-entry-784.html

2015/12/06 22:04 | Comment (3) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

消えゆく曲 ~ アッパーボディ

   ↑  2015/01/29 (木)  カテゴリー: フォーマット変更
2015.04.05 追記
「バックナンバー(ここでは #87 以前の曲)の一部が使えなくなる」というルールは撤回されましたので、以下の曲が消えゆくわけではありません。

当初「Push Ups」と言われていた4曲目のトラックが、 #46 で「Upper Body Conditioning」という5曲目のトラックに変更になり、そこから #86 まで続いてきました。その名の通り上半身をターゲットにした筋コントラックです。1曲ほぼほぼプッシュアップに明け暮れるトラックをレッスンのど真ん中にブッ込むという大胆な仕様こそが、他のプログラムにはないボディアタックの特徴ではないかと思います。どのリリースでもプッシュアップがメインであるにもかかわらず、曲によって難度(強度)やキツさ、楽しさが大きく異なる、不思議なトラックでもあります。
動きのバリエーションとしては、プッシュアップがシングル、ツーツー、スーパースローといったカウント違いのもの、高い位置をキープするトップハーフや低い位置をキープするボトムハーフ、腕の広さの違いでナロー(=トライセプス)とワイド(=チェスト)があります。プッシュアップ以外ではサイドプランクやコークスクリュー、繋ぎで(笑)クロールやポインター等があります。ちなみにプッシュアップだけに着目すると回数の多いものは
  1. 128回 BA78-05 Push It
  2. 116回 BA73-05 I Got My Eye On You
  3. 104回 BA66-05 Get Shaky、BA76-05 You Got The Love、BA83-05 #thatPOWER
逆に少ないものは
  1. 34回 BA39-04 War
  2. 40回 BA38-04 Rock The Party
  3. 44回 BA49-05 Car Wash
回数が少ない=楽勝なんてことはなくて、初期はスーパースロー(シングル×4と同じカウントで1回)やツーツーを始めとする変則的なカウントの曲が結構あって、今とは異なるキツさがあったと思います。


使用不可曲リスト(アッパーボディ)
NoTitle - ArtistYouTube
BA86-05Satisfaction (Radio Edit) - Superclass?
YouTube
BA85-05Waterfalls - Timomatic
YouTube
BA84-05I’m In The House - The Free DJ’s
YouTube
BA83-05#thatPOWER (Supa Nani Remix) - Fly Dollah
YouTube
BA82-05Get Up (Rattle) - Bingo Players feat. Fat East Movement
YouTube
BA81-05Boom Boom (Supa Nani Remix Edit) - Lil Krew
YouTube
BA80-05Bonfire - Falcon Earl
YouTube
BA79-05Rock The Boat (Main-Gilbere-Forte-Mastered Remix) - Bob Sinclar feat. Pitbull, Dragonfly & Fatman Scoop
YouTube
BA78-05Push It - The Grinding Mind
YouTube
BA77-05I’m A Machine - B.Ranch & Little G
YouTube
BA76-05You Got The Love - The Grace
YouTube
BA75-05Sweat - Duration Plus
YouTube
BA74-05Born This Way - Southern Light
YouTube
BA73-05I Got My Eye On You - Pack 'n Pop feat. Binz
YouTube
BA72-05Drummer Boy - Alesha Dixon
YouTube
BA71-05Gettin’ Over You - Computer Love
YouTube
BA70-05Feel It - Grid Masters feat. Macka
YouTube
BA69-05Sexy Chick - Olson Bjerre feat. Sam Knowles
YouTube
BA68-05I Like It - Lennie Foster
YouTube
BA67-05Boom Boom Pow - Beat Factory
YouTube
BA66-05Get Shaky(Ian Carey Vocal Mix) - The Ian Carey Project
YouTube
BA65-05I Don't Care - Fall Out Boy
YouTube
BA64-05Hot n Cold - Katy Perry
YouTube
BA63-05Whine Up - Dynamix
YouTube
BA62-05Ghostbusters - Steve 'N King Radio Cut (Ivory)
YouTube
BA61-05Crazy - Lumidee feat. Pitbull
YouTube
BA60-05Kiss Your Mama - Vanessa Amorosi
YouTube
BA59-05Dirty - Bodyrockers
YouTube
BA58-05Walk This Way (Yoad Mix) - Sugababes Vs Girls Aloud
YouTube
BA57-05Beware Of The Dog - Jamelia
YouTube
BA56-05Lolita - Prince  
BA55-05Superman - Holy Ghost
YouTube
BA54-05Flaunt It - TV Rock feat. Seany B
YouTube
BA53-05We Be Burnin’ - Sean Paul
YouTube
BA52-05Roc Ya Body “Mic 1,2” (Robi-Rob’s Roc Da Jeep Vocal Mix) - M.V.P.
YouTube
BA51-05Crabbuckit - k-os
YouTube
BA50-05It’s The Incredible - Fast Crew
YouTube
BA49-05Car Wash (Shark Tale Mix) - Christina Aguilera feat. Missy Elliott
YouTube
BA48-05Rock Dis Room - ReAnimator feat. Stixx
YouTube
BA47-05Breathe, Don't Stop - Mr. On feat. Jungle Bros
YouTube
BA46-05Hello - The Cat Empire
YouTube
BA45-04I Like It Loud - Marc Acardipane feat. Dick Rules
YouTube
BA44-04You Ain't Seen Nothin' Yet - Bus Stop
YouTube
BA43-04Time To Rock - Gabry Ponte
YouTube
BA42-04Crocodile Rock - Baha Men
YouTube
BA41-04Funk It Up - TOF
YouTube
BA40-04Stop It (I Like It) - Rick Guard
YouTube
BA39-04War - Edwin Starr
YouTube
BA38-04Rock The Party - Five
YouTube
BA37-04Gimme All Your Lovin' - Martay feat. ZZ Top
YouTube
BA34-04Cherry Bomb - 1plus1
YouTube


マイ・ベスト 5 (アッパーボディ)
使用不可となった曲の中で個人的なベスト5を挙げてみました。

No.5 BA41-04 Funk It Up TOF レビュー記事 YouTube
いつ頃までだったか、ボディアタックといえばこの曲を思い浮かべてました。当時のプッシュアップでは男性ヴォーカルの男臭い感じの曲が多く、それが筋コンにマッチしていましたが、その中でもこれは断トツ。コリオと曲の組み合わせも見事で初期の名曲。

No.4 BA67-05 Boom Boom Pow Beat Factory  レビュー記事 YouTube
個人的には苦手なツーツーや、ボトムハーフ連発で回数も多いんですが、フィニッシュの Boom! をやりたいがために頑張れる1曲(笑)

No.3 BA50-05 It’s The Incredible Fast Crew レビュー記事 YouTube
リリース当時、その強度の高さが話題になりましたが、この曲も今にして思えばそうでも・・・。 とはいえ、ハードロックギターのリフに乗せておこなう変則的なプッシュアップはボディアタックの真骨頂。これとか、43-10 The Tiger にも通じるリズム遊びは最近ほとんどありませんね・・・

No.2 BA74-05 Born This Way Southern Light レビュー記事 YouTube
今では普通になったバーピーですが、その走りですね。バーピーとはこういうものだ、というお披露目的な意味合いが強いですが、全身運動のバーピーのおかげでメインのプッシュアップがかなり紛れてキツイけどそんなにきつくないという何とも不思議な曲。こういう節目のところでメジャーな曲が使われたのも大きい。

No.1 BA43-04 Time To Rock Gabry Ponte レビュー記事 YouTube
トライセプスとチェストのプッシュアップを8回ずつ交互にやるのですが、ブロック(4×8カウント)の繋ぎのところの曲がいいおかげで休憩しようという気が起こりにくく、一気に突っ走れます。

FC2スレッドテーマ : フィットネス (ジャンル : ヘルス・ダイエット

(記事編集) https://bodyattack5204.blog.fc2.com/blog-entry-734.html

2015/01/29 22:37 | Comment (2) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

消えゆく曲 ~ アブドミナル

   ↑  2015/01/27 (火)  カテゴリー: フォーマット変更
2015.04.05 追記
「バックナンバー(ここでは #87 以前の曲)の一部が使えなくなる」というルールは撤回されましたので、以下の曲が消えゆくわけではありません。

旧ローワーボディ(アブドミナル)の後継は、#87 新フォーマットにおけるコアに相当し、腹筋トレーニングがメインの筋コンパートです。#86 以前ではその多くはマスタークラスでの11曲目に相当します(#46~56 までは10曲目の後半部分)。腹筋メインのトラックなので動きとしてはクランチとそのバリエーションがほとんどです。ノーマルなクランチではシングルやトップハーフといったカウントのバリエーション、フォームのバリエーションではサイドクランチ、ツイストクランチ、リバースクランチ、Cクランチなんてのも。晩年にはホバーやマウンテンクライマー等も多くなってきました。


使用不可曲リスト(アブドミナル)
NoTitle - ArtistYouTube
BA86-11Dibby Dibby Sound (Radio Edit) - DJ Fresh and Jay Fay feat. Ms Dynamite
YouTube
BA85-11Everybody - Justice Crew
YouTube
BA84-11Classic - MKTO
YouTube
BA83-11Tonight - Jessica Sanchez feat.Ne-Yo
YouTube
BA82-11Scream & Shout - Will.I.am feat. Britney Spears
YouTube
BA81-11I Cry - Flo Rida
YouTube
BA80-11Fist Pump, Jump Jump - Ying Yang Twins feat. Greg Tecoz
YouTube
BA79-11Let It Go (Laidback Luke Remix) - Dragonette
YouTube
BA78-11Wild Ones (Red D3vils Remis) - Hight Rolla
YouTube
BA77-11Light It Up - Stan Walker Feat. Static Ravenger
YouTube
BA76-11Tonight Tonight - Hot Chelle Rae
YouTube
BA75-11Own This Club - DJ Marc
YouTube
BA74-11On The Floor - Red Beans & Rice
YouTube
BA73-11Yeah 3x - Chris Brown
YouTube
BA72-11Start Without You - Alexandra Burke feat. Laza Morgan
YouTube
BA71-11Winner - Jamie Foxx feat. Justin Timberlake & T.I.
YouTube
BA70-11Holiday - Dizzee Rascal
YouTube
BA69-11TiK ToK - Ke$ha
YouTube
BA68-11Celebration - Vanessa Ribas
YouTube
BA67-11Goodbye - Jessica Friendly
YouTube
BA66-10bRight Round - Flo Rida feat. Ke$ha
YouTube
BA65-10bPokerface - Lady Gaga
YouTube
BA64-10bDisturbia - Rihanna
YouTube
BA63-10bCan You Hear Me - Enrique Iglesias
YouTube
BA62-10bSun Goes Down - David Jordan
YouTube
BA61-10bHook Me Up - The Veronicas
YouTube
BA60-10bLike This (DJ Speedy Remix feat. Sean P.) - Kelly Rowland feat. Sean P.
YouTube
BA59-10bBeautiful Liar - Beyonce & Shakira
YouTube
BA58-10bTake Control (Main Mix) - Amerie
YouTube
BA57-10bDo It To It feat. Sean Paul of the YoungBloodZ (Main Radio Version) - Cherish
YouTube
BA56-10World, Hold On (Children Of The Sky) - Bob Sinclar
YouTube
BA55-10Move In My Direction (Angel City Remix) - Bananarama
YouTube
BA54-10Hypnotic feat. Elena Mady (Original Version) - Bomfunk MC's
YouTube
BA53-10Push The Button - Sugababes
YouTube
BA52-10Are You Ready - Shakaya
YouTube
BA51-10Sunrise - Angel City
YouTube
BA50-10Get Down On It - Blue feat. Kool & The Gang
YouTube
BA49-10Keep Movin' On (Mike Discala Remix) - Supacupa
YouTube
BA48-10Luz De La Luna - Paradisio feat. Maria Del Rio
YouTube
BA47-10Signed Sealed Delivered (Ralph Roasario Dub) - Colton Ford & Pepper Mashay
YouTube
BA46-10Viva Viva - Obsession 
BA45-11It's A Party - Tamia
YouTube
BA44-11Feel It - The Tamperer feat. Maya
YouTube
BA43-11Hasta La Vista Baby - Alexia
YouTube
BA42-11Love Is A Crime - Anastacia
YouTube
BA41-11At The End - Iio
YouTube
BA40-11Luv Da Sunshine - Intenso Project
YouTube
BA39-11I Love Rock ‘n’ Roll - Britney Spears
YouTube
BA38-11Hey Baby - No Doubt
YouTube
BA37-11Cant' Get You Out Of My Head - Kylie
YouTube
BA34-11Desire - Ultra Nate
YouTube


マイ・ベスト 5 (アブドミナル)

使用不可となった曲の中で個人的なベスト5を挙げてみました。

No.5 BA43-11 Hasta La Vista Baby Alexia レビュー記事 YouTube
ターミネーター2でもお馴染みの「アスタ ラ ビスタ」は英語の「See You Again」とほぼ同じ意味。誕生日イベント的なレッスンで 57-8 Mad World がよく使われたのに対して、お別れレッスンでは本曲が使われたりしたことも。

No.4 BA59-10b Beautiful Liar Beyonce & Shakira レビュー記事 YouTube
50番台ではおそらく圧倒的にイメージの強いこの曲、片足ずつ上げてのクランチが厳しい。今となってはまあ普通(笑)でも当時はきついナンバーのひとつとして認識されていました(と思う)。

No.3 BA39-11 I Love Rock ‘n’ Roll Britney Spears レビュー記事 YouTube
初期の名曲、ツイスト・クランチが延々続いてとにかくきつい。おそらく今やっても何ら違和感ないクオリティの高さ。うーん、もったいない・・・

No.2 BA69-11 TiK ToK Ke$ha レビュー記事 YouTube
ホバーの部分、結構な強度があるんですが、曲との相性もバッチリでホバー+ストンプでもうまく紛れるようによくできています。マットの外にタオルを置いて、その上でのホバーからスタートして、ゴロンと転がってマットの上でクランチ、という流れなんですがこれをできるイントラさんも少なくなってきました。

No.1 BA74-11 On The Floor Red Beans & Rice レビュー記事 YouTube
やっぱりこれがベストですね。最初に Sizzler で見たときの衝撃もそうだし、曲の良さ、実際にやってみたときに難しさ、綺麗にできたときの体のラインの美しさ、J-Lo の美しさ(笑)すべてにおいて名作中の名作です。

FC2スレッドテーマ : フィットネス (ジャンル : ヘルス・ダイエット

(記事編集) https://bodyattack5204.blog.fc2.com/blog-entry-736.html

2015/01/27 22:47 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

消えゆく曲 ~ スクワット

   ↑  2015/01/25 (日)  カテゴリー: フォーマット変更
2015.04.05 追記
「バックナンバー(ここでは #87 以前の曲)の一部が使えなくなる」というルールは撤回されましたので、以下の曲が消えゆくわけではありません。

旧ローワーボディ(スクワット)は、ローワーボディの名前の通り、下半身メインの筋コンパートです。#87 の新フォーマットでは5曲目に含まれます。#86 以前ではフォーマットが変わる度に曲順も変わり、#34~#45までは8曲目※、#46~56 までは10曲目の前半部分、#57~#86 は10曲目でした。下半身メインのトラックなので動きとしてはスクワットが多いですが、ランジやニーリピータ等、他のトラックと同じながらも筋コンを意識した動きもあります。
※ 当時の8曲目は厳密にはスクワットではないですが、今のフォーマットに無理やり当てはめています


使用不可曲リスト(スクワット)
NoTitle - ArtistYouTube
BA86-10If I Lose Myself - OneRepublic?
YouTube
BA85-10We are one - Krewella
YouTube
BA84-10Firestarter - Samantha Jade
YouTube
BA83-10Pompeii (Kat Krazy Remix) - Bastille
YouTube
BA82-10One Life - Chardy And Andy Murphy feat. Sean Declase
YouTube
BA81-10Run - Flo Rida feat. Redfoo
YouTube
BA80-10Wings - Ladies Eclipse
YouTube
BA79-10We Run The Night - The Positive Swan
YouTube
BA78-10To The Moon And Back (Andrea T Mendoza vs. Tibet Radio Mix) - Livin R & Pink Noisy feat.Nekk
YouTube
BA77-10I Like How It Feels - Solitary Phase
YouTube
BA76-10Night Of Your Life - Olson Bjerre feat. Sam K.
YouTube
BA75-10The Edge Of Glory - Southern Light
YouTube
BA74-10Higher - Logan S. feat. Juno 
BA73-10Higher - Gloval Nation
YouTube
BA72-10Club Can’t Handle Me - Chani
YouTube
BA71-10Upside Down - Paloma Faith
YouTube
BA70-10On and On - Anja Solar 
BA69-10Down - club4life
YouTube
BA68-10And I Try - Face2Face
YouTube
BA67-10Wherever - Stafford Brothers vs. Hoxton Whores feat. Frank Stafford
YouTube
BA66-10aCan't Get Over(Short Disco Mix) - September
YouTube
BA65-10aSneakernight - Vanessa Hudgens
YouTube
BA64-10aCry For You - September
YouTube
BA63-10aCan't Speak French (Tony Lamezma Mix) - Girls Aloud
YouTube
BA62-10aDrive Out - Sunfreakz
YouTube
BA61-10aOne - Marija Storm 
BA60-10aShame, Shame, Shame - Celebration Libre 
BA59-10aPut Your Hands Up For Detroit - DJ Evil Shock
YouTube
BA58-10aGrace Kelly - Mika
YouTube
BA57-10aI Feel Free - odge Ums 
BA56-10World, Hold On (Children Of The Sky) - Bob Sinclar
YouTube
BA55-10Move In My Direction (Angel City Remix) - Bananarama
YouTube
BA54-10Hypnotic feat. Elena Mady (Original Version) - Bomfunk MC's
YouTube
BA53-10Push The Button - Sugababes
YouTube
BA52-10Are You Ready - Shakaya
YouTube
BA51-10Sunrise - Angel City
YouTube
BA50-10Get Down On It - Blue feat. Kool & The Gang
YouTube
BA49-10Keep Movin' On (Mike Discala Remix) - Supacupa
YouTube
BA48-10Luz De La Luna - Paradisio feat. Maria Del Rio
YouTube
BA47-10Signed Sealed Delivered (Ralph Roasario Dub) - Colton Ford & Pepper Mashay
YouTube
BA46-10Viva Viva - Obsession 
BA45-08La Bomba - King Africa
YouTube
BA44-08Joy - Staxx
YouTube
BA43-08Shined On Me - Praise Cats feat. Andrea Love
YouTube
BA42-08Sexual Revolution - Leah Howard
YouTube
BA41-08Do Your Thing - Basement Jaxx
YouTube
BA40-08Live Is Life - DJ Otzi
YouTube
BA39-08Bamboleo Time - Fruit De La Passion
YouTube
BA38-08Iko Iko - Captain Jack
YouTube
BA37-08Who The F**k Is Alice (radio Mix) - The Steppers
YouTube
BA34-08Get It On - Busstop Feat.T Rex
YouTube


マイ・ベスト 5 (スクワット)
使用不可となった曲の中で個人的なベスト5を挙げてみました。

No.5 BA68-10 And I Try Face2Face レビュー記事 YouTube
個人的にはゆっくりしたテンポでガッツリ下半身に効く筋コンが好きなので、これはまさに理想的な1曲。フロントステップ・ランジからバックステップ・ランジへ移行するときに肩の高さを変えずに低い体勢をキープしたままやるのがツボ。

No.4 BA69-10 Down club4life レビュー記事 YouTube
これも BA68-10 And I Try と同様の理由で好きな1曲。キャッチーな曲でもあるからか、バックナンバー時期にはよく遭遇していました。普段パフォーマンスとかやらないイントラさんでも、ラストの♪Down, Down, Down, Down, Down のところはほぼ確実にクネクネしますね(笑)

No.3 BA61-10a One Marija Storm レビュー記事 YouTube
日本の国技、相撲とボディアタックが融合した記念すべき曲で、スモースクワットが全世界に認知された(本当か?w)1曲。そのスモースクワットのおかげでコリオを忘れにくいようで、困ったときの One みたいな使われ方が多かったようなw

No.2 BA81-10 Run  Flo Rida feat. Redfoo レビュー記事 YouTube
ジャンプして片足スクワットっていうのが意外と楽しいのと、BA81-09 で死にそうになった後にホッとできる1曲。

No.1 BA80-10 Wings Ladies Eclipse レビュー記事 YouTube
ツーツーのカウントでのスクワットがメインなんですが、それを紛らすため(?)の同時にやる上半身の動きが強烈で、ローワーボディなのに最初にやったときに肩が激しい筋肉痛に見舞われました(*_*) 。曲もいいし、BA80-09 Where Have You Been からの流れが最高に素敵。

FC2スレッドテーマ : フィットネス (ジャンル : ヘルス・ダイエット

(記事編集) https://bodyattack5204.blog.fc2.com/blog-entry-735.html

2015/01/25 09:21 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

新フォーマットにより消えゆく曲

   ↑  2015/01/24 (土)  カテゴリー: フォーマット変更
2015.04.05 追記
ここに書いた「バックナンバー(ここでは #87 以前の曲)の一部が使えなくなる」というルールは撤回されました。

新フォーマットのボディアタック87 の導入で、バックナンバー(ここでは #87 以前の曲)の一部が使えなくなるようです。

  • 旧アッパーボディ・コンディショニング
  • 旧ローワーボディ・コンディショニング(スクワット)
  • 旧ローワーボディ・コンディショニング(アブドミナル)

長年ボディアタック業界に居座ってますのでw 思い入れがある曲も多く、次以降のページでそれぞれのトラックを軽く振り返ってみようと思います。


が、その前に今回のフォーマット変更に伴って出てきた
従来(#86以前)の筋コンは今後やってはまかりならん
という通達(?)に納得がいかないので、それについてひとこと。

古い曲を捨てるというのはある程度理解できます。企業(レスミルズ)側としては、自社の古い製品をいつまでも使い続けられるといろいろ不都合があるわけで、どこかで切りたいはずです。食品だと賞味期限や消費期限があって明確ですが、ボディアタックのようなソフトウェアについても時代とともに不具合が出てくるわけですから。実際に今回の件とは別に #45 以下禁止ルール(?)というのがありますが、これはまさにそのケースです。#45 以下の曲をやったことがある方はわかると思いますが、色んな意味で最近のものとはえらくかけ離れており、まあ捨てるのもやむなし、と理解できます(納得できるかは人それぞれでしょうが)。しかし今回の件はちょっと事情が違います。前述のものとは違ってつい3ヶ月前までやっていた曲すらも使ってはならんのです。

もちろん新フォーマットに変更になったのですから、従来のものと互換がない部分はやむなし、というのは理解できますが、全部禁止て・・・バックナンバーをやるときも筋コンパートだけは #87 以降でないとNGとか、そこまでして新フォーマットにこだわる意味がわかりません。もちろん新フォーマットはそれなりに緻密に計算され最新の技術に基づいて作られたものでしょうから、それ自体はおそらく素晴らしいものなんでしょうが、だからといって #86 も捨てるの?つい3ヶ月前にレスミルズからリリースされた #86 を、レスミルズ自身が禁止するの?これまで20年以上積み上げ、作られ、リリースされてきた筋コンはダメです、今後はこれね、はいどうぞ!って言われてもねえ。これまで新曲が出る度に一喜一憂して、対策を練って(笑)、筋コンを頑張ってきた私は一体何だったのか?と悲しくなります。

#86 以前の筋コンパートは#86以前の筋コンパートのみで構成
#87 以降の筋コンパートは#87以降の筋コンパートのみで構成

今後の曲構成はこれでいいでしょう?これだと通しであってもミックスであっても不整合はないです。どうしても #86 以前を捨てたいのだとしても、新フォーマットが定着するまでは上記対応等で猶予期間をおくべき。そして

通しでやるときは筋コンも同じナンバーでおk

としていただきたい。前後関係を無視して筋コンだけ入れ替えるなんて、通し好きの私からしたらありえません。

念のためですが私自信は、古い曲がやりたいのもありますが、それ以上に「つい先日まで提供していたものをあっさりしかも突然反故にする」というやり方がが気に入らないのです。古い曲を葬るのはやむなし。ただ、そのやり方をもう少し考慮してほしいのです。今回の件、海外ではこのような通達(?)はない、との情報もあり今後どうなるかわかりませんが、現在の運用は何らか変更して欲しいと思います。そしてこれまでのように楽しくボディアタックが受けられるよう、願ってやみません。

ということで、次からは消えゆく各トラックのマイ・ベスト5。

FC2スレッドテーマ : フィットネス (ジャンル : ヘルス・ダイエット

(記事編集) https://bodyattack5204.blog.fc2.com/blog-entry-571.html

2015/01/24 21:33 | Comment (25) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |