FC2ブログ
 

ボディアタック・メモランダム曲紹介やコリオのレビュー等ボディアタックに関する情報発信ブログサイト 

このページの記事目次 (カテゴリー: GRIT

GRIT と BODYATTACK (Part3 GRITやるべきか)

   ↑  2013/11/10 (日)  カテゴリー: GRIT
GRIT について思うところ・GRIT は受けるべきかどうか?をまとめます。

GRIT の先進性

ボディアタックが GRIT の動きを導入している以上、GRIT に先進性があることは間違いないでしょう。今後も「GRIT でやる → ボディアタックに導入される」というフローが続くものと予想されます。したがって、少しでもボディアタックの先進性に触れたい方は GRIT を受けるべきでしょう。先に書いたプッシュアップは、いずれボディアタックにも導入されるでしょうね。

有料はやむなし

個人的には有料プログラムであることに異議はありません。そもそもこの現代において「スポーツクラブ方式」と揶揄されるどんぶり勘定の料金システムがおかしいのです。有料だと冷やかしで参加するような方はいませんし、モチベーションも上がる。またパーソナル・トレーニングの要素も多少あるので、フォームチェックもしてくれます。有料は妥当でしょう。・・・ではありますが、現在の価格設定の妥当性とは別問題。 840円は高い です(号泣)

いろんなプレッシャーがのしかかる

先に書いた「怖い」というのはやり始めた今も同じ。スタジオに入って開始待ちの時間なんかは結構ドキドキします。あーこれからちゃんと動けるかな~という緊張、プレッシャー。それと同時に、しっかり動かないと840円の元が取れないという貧乏人プレッシャー(笑)。あと、ふと気がつくと結構ギャラリーが多くてドア越しに中を覗いている人多数。それに対するプレッシャー。

筋肉痛がすごい

ボディアタックを受けるとき、自分の中では常に大きく動くことを心懸けており、ランジやジャックは深く、プッシュアップは基本膝上げ、アブドミナルも仰向けのときは基本膝上げでやっているつもりです。それを週に3~4本やっていますが、筋肉痛になることはほとんどありません。2週間くらいブランクがあれば別ですが・・・。
で、GRIT ですが私の場合はまず大胸筋はほぼ100%筋肉痛になります。これはプッシュアップによるもの。あとは腕、背中、お尻、腿が日によって筋肉痛になったりならなかったり。これは先に書いた適当なウェート選択ができない場合によるものでしょう。

達成感は高い

30分ですが、達成感はかなり高いです。その日の自分のコンディションや満足度で上下しますが、このあたりはボディアタックと同じですね。あと上に書いた「プレッシャー」からの解放感も大きいです。

確実に体が変わる

現在は週2回のペースで GRIT 受けていますが、ある日ボディアタックで久しぶりに BA81-09 This Is Love をやったのですが、タックジャンプ連発のところ、足がなんか軽い。おお今日は調子いいな~と1人ホクホクしてましたが(笑)、その日以降もバーピーが軽い。タックジャンプも軽い。プッシュアップも余力残して終了。あくまで自分の中での感覚なので数値的なものもないのですが、とにかく「軽い」と感じるようになりました。
あともう一つ、アタックもGRITも動いているときはしんどい、これは従来と同じなんですが、曲が終わってブレーク・リカバリーに入ってから、体力が復活するまでの時間が短くなりました。心肺機能は明らかに向上しているものと思われます。

周囲で GRIT を受けた人

私の周辺で GRIT 体験した人はたくさんいますが、その人たちに聞いてみると、およそ半数の人は「2度とやらない」(笑) 残り半数はリピーターになってます。2回目を受けようと思う人は「あまりにも動けなくて悔しいのでリベンジ」という人が多いですね。また GRIT 終了直後は「2度とやらない」と言ってたのに、2回目を受けに来た人もいます。GRIT をやっている最中はつらくてきつくて早く終わって欲しい!と思うのに、2~3日経つとまた受けてみたくなる、GRIT にはそういう人を引き寄せる魅力があります。

GRIT は受けるべきか

もちろん GRIT は是非受けてみるべき、そして継続すべき です。心肺機能・筋力・メンタルいずれも上がってボディアタックがより楽しくなるからです。私の場合、60分のボディアタックのパワートラックに入る時点で余力があるようになりました。BA80-09 Where Have You Been のラストの盛り上がりで全力が出せるので、楽しくてしょうがありません(笑)。まだ導入店舗は少ないですが、店舗によっては無料体験会を実施しているところもありますので、ぜひチャレンジしてみて下さい。

FC2スレッドテーマ : フィットネス (ジャンル : ヘルス・ダイエット

(記事編集) https://bodyattack5204.blog.fc2.com/blog-entry-664.html

2013/11/10 08:23 | Comment (8) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

GRIT と BODYATTACK (Part2 GRIT Q&A)

   ↑  2013/11/10 (日)  カテゴリー: GRIT
ここでは GRIT を受けてみてわかったことを Q&A 形式で書いてみます。

3種類あるけどどう違うの?

自分なりの解釈をレスミルズプログラムで表現すると
ストレングス = パンプ+アタック
プライオ = ステップ+アタック (→やや無理気味かもw)
カーディオ = アタック×2(笑)
それぞれ1、2種類のナンバーしか受けてないのでそれによっても違うでしょうが、ストレングスはスマートバーとウェート、プライオはステップ台とウェートを使うことがあります。ただその境界はかなりグレーだと思います。ストレングスでジャンプしたり、プライオでウェート持ったり。共通しているのは3つどれを取ってもプッシュアップがてんこ盛りだということ。あと強度の面では
ストレングス ≒ プライオ <<< カーディオ
でしょうかね。人それぞれ得意・不得意はあるでしょうが、世の中の人すべてにとってカーディオは強烈だと思います(笑)

コリオってあるの?

あります。ただし、他のプログラムのように細かくはないと思われます。4×8カウント(1ブロック)に対して動きが決まっていて回数は未定という感じ。イントラさんのキューに従ってゆっくり深く/早く浅く動くことが大事。アタックでいうラダーランみたいな感じかな。

ついていけるのか心配だけど?

基本的についていけません(笑)。いや真面目な話、ついていくことは目標であっても目的ではありません。できるかできないかではなく、頑張るか頑張らないか なのです。

最近のボディアタックは GRIT の影響を受けている?

間違いなく受けてます。例えば BA82-06 Finally Found You に出てくるスクワット・バーピーなんかがそうですね。カーディオに出てくるスクワット・バーピーはスクワット→バーピーと同時にプッシュアップ→バーピー戻りですぐランなどというお茶目な仕様になってます(笑) ボディアタックは GRIT のエッセンスを取り入れているという感じでしょうか。この傾向は今後も続くと思われます。

少人数でやるってどうなの?

レスミルズを含め、これまでいろいろなスタジオプログラムを受けてきましたが、GRIT ほどスタジオ内の一体感を感じるものはありません。やっているときは他人のことを気にしている余裕はまったくなくて完全個人プレイなんですが、つらく厳しい時間を共有しているという連帯意識が芽生えます。

新しい動きとかある?

動きではないですが、スマートバーとウェートがあります。ウェートはボディパンプとかで使ってる 1kg/2.5kg/5kg に加えて 10kg があります。これがなかなか選択が難しくてウェート1枚を両手で持ってやる動きなんかで 5kg が軽いと感じても次は 10kg なんですよね。その間が欲しいところ。

あと目につく新しい(ボディアタックにない)動きはプッシュアップですね。
ボディアタックのプッシュアップ・バリエーションは基本の2種類、ワイド(チェスト)とナロー(トライセプス)に、サイドプランク、スーパーマン等が付け足されたものですが、GRIT ではプッシュアップそのものに多くのバリエーションがあります。

red1.jpg アリゲータ・プッシュアップ
右手左足を一歩前に出した状態でプッシュアップ、戻して左手右足を1歩前に出してプッシュアップ。これを交互にシングルカウントでおこないます。(これはコンバットであったのかな?)
red1.jpg プライオメトリック・プッシュアップ
プッシュアップでダウン→アップのときに両手を地面から離してジャンプして着地します。バリエーションで、壁際に並んでこのプッシュアップをおこないながら対面の壁まで前進していくものがあります。
red1.jpg 名前不明
右手はワイド、左手はナローでプッシュアップ1回、ジャンプして右手ナロー、左手ワイドに変えてプッシュアップ1回。これをシングルカウントでおこないます。

プッシュアップついでに言うと、GRIT のプッシュアップは回数が多いです。先日やったカーディオでは、高速の32回シングル・プッシュアップを4セットやりました(笑)。数えてないですが、30分で150~200回くらいやってるんじゃないかな?そこまでやるともう、膝をつくとかつかないとか、そういう意識はありません。ふと見ると隣の華奢な女性が膝付けることも忘れてプッシュアップしてたりします(笑)

最後に GRIT について個人的に思うところをまとめてみます。

FC2スレッドテーマ : フィットネス (ジャンル : ヘルス・ダイエット

(記事編集) https://bodyattack5204.blog.fc2.com/blog-entry-663.html

2013/11/10 08:06 | Comment (4) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

GRIT と BODYATTACK (Part1 GRIT の前評判)

   ↑  2013/11/10 (日)  カテゴリー: GRIT
今話題の GRIT を何度か受けてみたので、BODYATTACKer の観点から GRIT について書いてみたいと思います。まず GRIT が何であるか、ご存じでない方は以下のリンクを辿ってご覧ください。

red1.jpg GRIT Strength red1.jpg GRIT Plyo red1.jpg GRIT Cardio red1.jpg レスミルズ グリットシリーズ

簡単にまとめると、レスミルズが(おそらく)今最も力を入れているクラスで、 HIIT (High Intensity Interval Training) つまり「全力運動→休息→全力運動→休息・・・」をそれぞれ短時間で、合計30分でおこなうトレーニングクラスです。

まず、GRIT の前評判で感じた印象は・・・

レスミルズの気合が凄い

↓はレスミルズの PD (プログラム・ディレクター)勢揃いの写真なんですが、中央に仁王立ちしている長身の男性が GRIT PD の Les Mills Jr. です。日本人的な発想ではこういう場合中央の人がメインですよね(笑)。それはさておき WEB、YouTube動画etc 一番勢いを感じるのは GRIT じゃないでしょうか。スポーツクラブ施設内にはでっかい垂れ幕があり、スタジオ前には GRIT プロモ動画モニターも常設されてたり、新プログラムとはいえ CXWORX のときにはここまでなかったように思います。


料金が高い

30分のクラスで840円。週1回受けるとしたら月額3千円超え。週2回で7千円。通常のスタジオレッスンは無料のものが多いので、そこから考えるとかなり高額。ただしパーソナルや個人レッスンを受けることを考えるとグループレッスンになっている分安い、といったとこでしょうか。

怖い(笑)

最近のボディアタックの高強度化は GRIT の影響だ~という話を何度か聞いていて、ボディアタックの新曲が出る度に GRIT って凄いんだろうな~と思ってましたが、ボディアタック81の衝撃が「GRIT = 恐怖」という印象を決定付けてしまった気がします。GRIT ってアレを超える強度なのか?と。

GRIT についての認識はそういう感じでした。で、2013年9月リリース分の新曲シーズンが終わった頃から GRIT を始めてみました。次は実際に受けてみてわかったことです。

FC2スレッドテーマ : フィットネス (ジャンル : ヘルス・ダイエット

(記事編集) https://bodyattack5204.blog.fc2.com/blog-entry-662.html

2013/11/10 07:53 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |