FC2ブログ
 

ボディアタック・メモランダム曲紹介やコリオのレビュー等ボディアタックに関する情報発信ブログサイト 

このページの記事目次 (カテゴリー: イベント

ONE LIVE TOKYO (PART2)

   ↑  2016/02/15 (月)  カテゴリー: イベント

ONE LIVE TOKYO BODYATTACK NEW RELEASE
2016.02.14 9:10 リサ・オズボーン、野邉 和輝、松本 和大、千葉 真史、伊藤 慎


BA92-01 How Deep Is Your Love (RainDropz! Remix Edit)
BA92-02 The Night
BA92-03 Hero
BA92-04 Loud & Proud
BA92-05 Too Original
BA92-06 Waiting For Love (Technoposse Remix Edit)
BA92-07 Bom Zigi (Mobin Master Radio Edit)
BA92-08 Flashlight
BA92-09 Prayer In C (Kris McTwain Remix Edit)
BA92-10 Can’t Stop Playing (Makes Me High)
BA92-11 The Good Life

第一会場最初のプログラムということもあってか、開始30分前くらいに入場開始。自分の席番号のところに行ってみるとめっちゃ前や~ん!と感激。前の列はプレミアの最後列の方々なんだけど、プレミアと一列違いで値段半分なんだけどいいのかな・・・などと思ってましたが、後でプレミアにすべきだったと後悔することにまだ気がついていない。
開始1分前に場内暗転して正面スクリーンでカウントダウン。この時点で場内大いに盛り上がり私もボルテージが一気に上がる。1人ずつインストラクターが登場して最後にスペシャルゲストのリサが登場。手にしたスマホ(カメラ)で撮影しながら出てきたw あらためて自分の場所からステージを見ると、インストラクターの表情からリサの筋肉の凹凸までハッキリ見える(スクリーンを見ることはまったくなかった)。特に正面から見た太腿の筋肉は凄かった。
1曲目からリサのリードでスタート。以下省略(笑) というか覚えてないので書けないです。とにかく瞬間瞬間が別世界というか、やってることはボディアタックなのに違う世界にいるような感覚。リサの一言一言がビシバシ心に伝わってくるし、一つ一つの動きがキレキレだし、言語の壁の乗り越え方も上手い。キュー出しも的確、所作に余裕があって笑いも取る。ステージ上には4人の「Boys」がいましたが正直、ほとんど見てない。いや見えない。すべての視線はリサが持って行く。通常の新曲発表会にありがちな「新曲だから動けない」ことも感じさせない、素晴らしいパフォーマンス。
そして、何度もフロアに降りてきては参加者とハイタッチしてくれる。リサはたぶん意識してないだろうけど、必然的にステージ近くの人に限定されるわけで、つまりはプレミア参加者特権。さらに何名かはステージ上に呼ばれてリサと並んでキック。A席の私はアジリティトラックのときにリサとハイタッチできましたが、やっぱりプレミアは別格。プレミアに近い席だったのでそういう特典がよく目についたこともあって、終わる頃には「次回は絶対プレミア」と強く思いました。
残念だったのはリサのヘッドセットの調子が悪く、リサが片手でずっとヘッドセットを抑えながらやっていたこと。まるで歯痛を我慢しているようだった。別の物と交換なり、少なくとも Boys の誰かのと交換はできたんじゃないのかな?


ONE LIVE TOKYO BODYATTACK SPECIAL
2016.02.14 17:30 リサ・オズボーン、野邉 和輝、横浜 誠、池田 賢司、川端 健司


BA91-01 Four Five Seconds
BA91-02 Bills
BA91-03 Heartbeat Song
BA90-04 Turn Up The Club
BA89-05 Freaks
BA88-06 Wild Wild Love (RainDropz! Remix)
BA90-07 Ah Yeah So What (Radio Edit)
BA91-08 Pump Up Da Bass
BA91-09 Take Me To Church
BA91-10 What I Did For Love (Sub Phoenix Remix Edit)
BA91-11 Firestone

こちらは本日2本目であり、さらにはスペシャルクラスつまりはバックナンバーということで少し余裕を持って参加できました。選曲は新しめの曲、それも#87以降だと予想していましたが、その通りでした。ここ1年以内の曲のみでとても良い選曲だと思います。ONE LIVE はLes Millsのプロモーション的な要素もあるイベントですから、「今」のアタックの魅力を伝えることはとても重要で、それをリサ自らリードを取って、日本全国のクラブで「今」アタックを受けているわれわれがそれを堪能できた、とてもよいクラスだったと思います。
ここでもプレミア席から1人ステージに上げられてましたが、3曲目なのでニーアップやスーパーマンがあって、これらを左右逆でやるのは難しかったと思うのですが見事にこなして、「Boys」の誰かからも褒められてましたね。ちなみに私の友人です笑。



今回の ONE LIVE、当初感じていたまざまな懸念(チケット、グッズ、天気、着替え等)は、2本のアタックを受けてすべて吹っ飛びました。それくらい素晴らしいクラスでした。私はアタックを始めて10年以上経ちますが、こんなに楽しく素晴らしいクラスを受けたのは初めてです。おそらく私だけでなく多くの方が同じように感じているのではないでしょうか。あまりの感激に涙する人も多かった。この感激や感動を ONE LIVE で終わらせてしまうのはもったいない。是非これを持ち帰って日常のボディアタックに活かしてほしいです。日頃ボディアタックをやっているからこそ今回の感激や感動があったわけで、ボディアタックを続けていればまた新たな感動があると思います。リサだって今回の来日している間、買い物に行ったりお茶目なところを結構見せてくれましたが、聞くところによるとそれ以外の時間帯は常にトレーニングしていたらしいです。一過性でなく継続することが重要です。いつの日かまた同じような感動に出会えるよう、皆さんボディアタックを続けていきましょう!

そして多くのボディアタックのイントラさんも参加されてましたが、イントラさんには是非今日の感動を持ち帰って、ご自分のクラスでレッスンを通して伝えていただきたい。同じプロとしてわれわれよりも感じる物が多かったはずです。われわれはボディアタックの楽しさをイントラさんを通してしか知ることができません。楽しいと感じるかどうかはイントラさん次第です。というか、今回の ONE LIVE が証明するようにボディアタックは間違いなく楽しいのですから、それを正しく伝えることこそイントラさんの責務であると思います。是非一人でも多くの人がボディアタックを好きになるよう、今後のレッスンに活かして下さい。よろしくお願いいたします。



書きたいことが山ほどあるのに全然まとまらなくて、それでも強引にまとめますが笑 今回の ONE LIVE は最高でした。私はこれまでボディアタックがいかに楽しいプログラムなのか十分に理解しているつもりでした。そしてそれを少しでも多くの人に伝えたいと思ってこのブログを始めました。が、全然甘かった。自惚れてました。私が知っていたのはボディアタックの魅力のほんの一部に過ぎませんでした。それだけでなく、ボディアタックが大好きな人がたくさんいること。バカが付くくらいボディアタックが大好きな人もたくさんいることw そしてたくさんの方が私を応援してくれていたこと。今になって涙が出てきました。今回ご挨拶できた方もできなかった方もいらっしゃいますが、本当にありがとうございます。機会があればぜひボディアタックご一緒しましょう!

FC2スレッドテーマ : フィットネス (ジャンル : ヘルス・ダイエット

(記事編集) https://bodyattack5204.blog.fc2.com/blog-entry-797.html

2016/02/15 21:33 | Comment (5) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

ONE LIVE TOKYO (PART1)

   ↑  2016/02/15 (月)  カテゴリー: イベント
Les Mills が ONE LIVE (LES MILLS LIVE) という世界の大都市を回るイベントをおこなっていて、日本にも来るんだろうなーと思っていましたが、昨年秋くらいからぼちぼち噂が出てきてついに 2016.02.14 に決定!ということで発表があってから約2ヶ月、ついに ONE LIVE がおこなわれました。ということで、私の ONE LIVE を振り返ります。役に立つ情報量ほぼゼロですw

LesMills ONE LIVE Tokyo 発表 ~ 前々日(2016.02.12)

ONE LIVE TOKYO 行くのか?
ONE LIVE TOKYO 開催が決定して、リサが来るなら行きたい!というのはボディアタックやってる人なら誰しも思うはず。普段あまりイベントには出ない私ですが、やはり心動かされました。
→東京でやるのか~
→でも交通費、宿泊費、チケット代諸々相当かかるなー
→外タレのコンサートなんかで考えたらチケット代は妥当な気がする
→アメリカ在住の人は近くのイベント出るにも交通費もっとかかりそうやなーこういうときは狭い日本でラッキーか?
→そもそも、NZまでリサのアタック受けに行くこと考えたら格安じゃね?
→え?マジでリサ来るの?じゃあ行く
ということで参加を決定w

チケット
金曜日の19時チケット発売開始という、多くの社会人にとっては厳しそうな状況も意外にすんなりクリア。アタック2クラスとも希望していたA席が取れた上に、どちらも同席の中で最前列。一気にテンション上がり始めました。

ウェア
チケットが取れたので、これを機に以前から作りたかったオリジナルウェア作成に着手。なぜオリジナルかというと「BODYATTACK」というこの世で最も大切なキーワードの入ったウェアを着たいのに、レスミルズが出してくれないから。「LES MILLS」でなく「BODYATTACK」なんですよ〜欲しいのは。デザイン(と言えるほどのものではないけど)は年末年始休暇のほぼ全ての空き時間をかけて作成したので(笑)それをベースに一緒に参加するメンバーに修正してもらい完成。ただし出来上がった物を試着してみるとサイズが微妙に合わない!時間的猶予がないので急遽、追加発注して事なきを得ました。いや得てない!追加したから想定外の在庫が出てしまった。未だSSサイズを中心にストック捌けず…

LesMills ONE LIVE Tokyo 前日(2016.02.13)

グッズ販売
朝から東京へ移動、グッズがこの日10時から販売されるということで、関東にいる私の友達(今回もとてもお世話になったね。本当にありがとう)と合流してとりあえずベルサール渋谷ガーデンへ直行しました。到着前から会場にいる知人からの「凄い行列」との情報にビビりながら、10時半頃到着。その行列に目が眩みそうになりました。これまで並ぶようなグッズ販売を経験してなかったのですが、まさに長蛇の列。この長い列、私には無理ポ。近くにいたスタッフさんに、A席で貰えるタオルと販売しているタオルは違うのか質問したら、販売しているタオルはブラックだがA席で貰えるのはホワイトで、デザインも異なるとのこと。なのでタオルは購入したいけどそれ以外は特に欲しいものもなかったので、時間と体力の消耗を考えてグッズ購入は早々に断念。その後「10時に並んで13時に買えた〜」等の情報が続々入ってきました。一方、夕方に行った人は待ち時間なしで買えたとか。

せっかくなのでアタック
せっかく東京に来たので調整も兼ねてアタックを受けに行くことに。ベルサールからのルート確認も兼ねてコナミスポーツ目黒青葉台(以下、目青)へ。新しめのバックナンバーを安定感のあるイントラさんがやってくれて、前列の女性が声出しで引っ張るといういいクラスでした。突然来たのでフォロワーさんと連絡取れず、結局お会いできなかったのが残念。

LesMills ONE LIVE Tokyo 当日(2016.02.14)

プログラムに参加可能な服装でお越しください
前日まで最もわれわれを悩ませたのが、チケット購入時にあった以下の注意書き

会場内には、プログラム参加前に着替えるスペースがございません。予め、プログラムに参加可能な服装でお越しください
なお、プログラム参加後にご利用いただける更衣室はご用意しておりますが、スペースに限りがございますので譲り合ってご利用ください

この、およそフィットネスプログラムとは思えない注意書きにどう対処すべきか。
冬場なので「参加可能な服装」の上にジャンパーやコート着れば大丈夫か?というのと、会場内の様子がわからないので案内に従ってウェアを着込んで会場入りを目指す。ところが、この2日間の異常な暖かさでコートとか上着を着ていられない!でも脱ぐと下はガッツリのノースリーブ!
実際には、狭いながらも更衣室が用意されていたので頑張ればプログラム開始前の気替えは可能でした。でも自分の席に着いてからはいろんな人に会って挨拶したりで時間に余裕がなく、その場で上を脱げば着替え完了というのは結果的に正解でした。でもこれ夏場は絶対無理っすよ。

床がコンクリート?
これ、私の知人がトレーナーさんから聞いたという事前情報だったんですが、これは最初から怪しいと思ってました。だってベルサールのサイトで見ると、会場のホールはすべてカーペットになってる。ONE LIVEのときだけコンクリートなわけないだろう。
結果はもちろんカーペット。なので足への負担は殆どなく、筋コンはマットなくてもオーケーな感じ。こういうガセネタに振り回されるのもイベントならではか?

2本目までの待ち時間
われわれ同様参加者として来ていたホームのアタックイントラ君と合流して、予定通り目青へ。雨が降っていたこともありバスで移動。2日目ともなるとバスが使えるまでに成長している(笑) ここで風呂に入ったり、食事したりして1本目を振り返りながらのアタトーーーーーク。ブログを読んでるという方よりバレンタインチョコをいただきました。ありがたく受け取りましたが、その方から見せていただいたある物にその場にいた全員驚愕そして感動!アタックが好きということにもいろんな形があるんだな~と実感しました。

グッズ(タオル)
合間の時間にグッズ販売行ってみましたが、多くは売り切れでタオルも2種類あるうちの1種類のみでしたので、それを購入。写真は(上)アタックA席チケットで貰えるタオル(下)購入したタオル
ONELIVE_TOWEL.jpg
(上)のタオルの雑巾以外の使い道求む。

ハプニング
建物内で2本目の入場を待っていたとき、突然リサが登場。どうやら入場者とのコミュニケーションを取るためにわざわざ出てきてくれたらしい。場内が騒然とする中、リサへの質問タイムスタートw いや聞きたいことはそれこそ山ほどあるけど急に言われても・・・で、リサが私の近くまで来たとき隣にいたわがホームのイントラ君がリサに話かけて、ごにょごにょした後、なんとイントラ君とリサがハグwww どちらかというと普段から空気読めないタイプのイントラ君、こういうところではその力を発揮しまくりw

出会い多数
会場でプログラム開始までの時間や、目青での休憩中、そしてプログラム終了後等々、いろんな場面でこのブログをご覧になってるという方と初対面したり、またご紹介いただきました。その数多数で正直覚えきれず。こんなオヤヂと会ったところで何もいいことはないと思うのですが(笑) こちらとしてはいろんな方のいろんな話が聞けてとても嬉しかったです。「女性だと思ってました」と言われるとはまったく予期していませんでしたw
中でも期せずして某ブログ主さんとお会いできたのがよかった!実は今回、その方のホームへアタックを受けに行こうとしていたのですが、うまく調整できず断念。その時点で今回は無理だと思っていただけに感激でした。ボディアタックの楽しさを前面に出されるその方のブログは、毎日のように更新され、その度に違う楽しさを伝えてくれる、私のにはない要素がたくさん詰まった、ボディアタックを語る上でなくてはならないブログです。同業者として(笑)その苦労が大変なものだということを知っていますし、表現方法は違っていてもベクトルは同じだと思っていましたので、ずっと以前から会って直接お伝えしたいと思っていました。上手く伝えられたかわかりませんが、とにかくお会いできてよかったです。またいつの日か機会があればゆっくり語り合いたいので、その節はよろしくお願いいたします。

FC2スレッドテーマ : フィットネス (ジャンル : ヘルス・ダイエット

(記事編集) https://bodyattack5204.blog.fc2.com/blog-entry-796.html

2016/02/15 21:29 | Comment (4) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Lesmills Live2013 in Zepp Namba 詳細決定

   ↑  2013/02/09 (土)  カテゴリー: イベント
すみません、再びコナミスポーツクラブかつ関西ローカルな話題です。

先日ここで紹介した Lesmills Live2013 in Zepp Namba の詳細が決定しました。

http://www.konamisportsclub.jp/topics/2013/02/07/
出演インストラクター
狩俣 雅人マスタートレーナー
川端 健司梅田茶屋町(トレーナー)
河上 侑太梅田茶屋町、北千里
金 淳伊
郡 勝比呂新大阪
■浅田 ひかる上新庄
■井上 祐介今里
■緒方 俊之南千里
■木村 崇俊高槻
■小山 りよ今里
■田中 絢子江坂、上新庄、北浜
■坪内 里織心斎橋
■濱田 月子茨木
■水川 彩恵子
■はシャドウでの出演

人気投票およびオーディションにて選ばれたインストラクター(さらにトレーナー・マスタートレーナー)さんだけあって、豪華な布陣となりましたね。

ただでも気になる点が。

今回は出演して欲しいインストラクターさんを投票するということでしたが、対象となるインストラクターさんは「対象店舗でレギュラーレッスンを持っている」ことが条件だったはず。私が調べた限りでは金さんはレギュラーレッスンを持っておられないですよね?
もしそうだとしたら、条件を守って投票した方々、リードを取りたいと希望されていた対象店舗のインストラクターさんの立場はどうなるんでしょう?(あくまでもイベント運営についての疑問です。金さんには頑張っていただきたいです!)

詳しい事情をご存じの方いらっしゃったら教えて下さい。

他にも気になるところはいろいろあります↓が、ゼニカネの話になるのでここではスルーします。
なぜ守口でなくZEPPなのか?
参加費の¥3,150、2階観覧席¥500は妥当なのか?
ZEPPのWebサイトを見る限り駐車場なし、コインロッカーは有料。シャワーや風呂は当然ないよね?

FC2スレッドテーマ : フィットネス (ジャンル : ヘルス・ダイエット

(記事編集) https://bodyattack5204.blog.fc2.com/blog-entry-618.html

2013/02/09 08:50 | Comment (12) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Lesmills Live2013 in Zepp Namba

   ↑  2013/01/18 (金)  カテゴリー: イベント
すみません、コナミスポーツクラブかつ関西ローカルな話題です。

2013年3月24日(日)に Zeppなんばにてレスミルズイベントが開催されます。
詳細は コナミスポーツクラブ心斎橋店 のお知らせを見ていただくとして、今回のイベントの特徴は出演するインストラクターが人気投票(とオーディション)で選ばれるということです。
コナミスポーツクラブの会員であれば、所属店舗に関係なく各アイテム(ボディアタック、ボディコンバット、ボディジャム)に1人ずつ投票することができます。

・・・ということで、私も投票しようと思いますが対象となるインストラクターさんは※対象施設でレギュラーレッスンを持っていること、ただしトレーナーは除く、となっています。

※対象施設: 南千里 千里中央 東岸和田 光明池 茨木 今里 和泉中央 京橋 梅田茶屋町 高槻 上新庄 グランサイズ大阪 堺 北浜 新大阪 梅田 心斎橋 和泉府中 なかもず 北千里 江坂 弁天町

ボディアタックの対象となるインストラクターさんを一覧にまとめてみました。川端 健司コーチはアタックのトレーナーさんなので対象外となります。投票は1/31(木)までとなっていますので、皆さんぜひお近くの店舗で投票してみて下さい。
インストラクター名レッスン実施店舗
浅田 ひかる上新庄
東井 ゆかり高槻
石川 邦彦梅田茶屋町、弁天町
石田 真紗子北千里
井上 祐介今里
伊原 慎二東岸和田
緒方 俊之南千里
小川 真和泉府中
奥平 紗知梅田
小澤 潤子江坂
河上 侑太梅田茶屋町、北千里
木村 崇俊高槻
郡 勝比呂新大阪
小山 りよ今里
笹川 淳矢京橋
里見 仁志千里中央
澤田 純一京橋
篠崎 知子京橋
清水 剛志千里中央
末吉 基志弁天町
高橋 寿実心斎橋
高橋 なつみ光明池
高山 敦史新大阪
田中 絢子江坂、上新庄、北浜
佃 大樹光明池
坪井 一将梅田
坪内 里織心斎橋
中桐 彩生千里中央
中谷 尚美なかもず
中西 真貴子光明池、東岸和田
中ノ 志帆
野村 理砂南千里
濱磯 勇介弁天町、北浜
林 英里弁天町
日笠 裕加吏茨木
広橋 鈴代なかもず
濱田 月子茨木
福田 恵子和泉中央
藤原 直也千里中央
星衛 智子今里、堺、北浜
本多 亜聖なかもず
本田 千嘉東岸和田
松井 直樹和泉中央
松野 瑞誉梅田茶屋町
水田 由美子光明池、和泉府中
森 郁恵グランサイズ大阪
山下 和訓なかもず
山根 敦史心斎橋
山本 千恵茨木
柚下 良祐北浜
こちらはコナミスポーツクラブのWebサイトの情報(今後1週間のタイムスケジュール)を元に作成しましたので、もしかしたら抜け等があるかもしれません。その場合はご容赦下さい。

FC2スレッドテーマ : フィットネス (ジャンル : ヘルス・ダイエット

(記事編集) https://bodyattack5204.blog.fc2.com/blog-entry-615.html

2013/01/18 07:33 | Comment (4) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |