FC2ブログ
 

ボディアタック・メモランダム曲紹介やコリオのレビュー等ボディアタックに関する情報発信ブログサイト 

このページの記事目次 (カテゴリー: フォーマット(時間)

クラスフォーマット(レッスン時間)~その2

   ↑  2010/10/02 (土)  カテゴリー: フォーマット(時間)
クラスフォーマット(レッスン時間)~その1 より続く

75分や90分のクラス(以下、60↑分クラス)について誤解のないよう書いておきますが、私は60↑分クラスが嫌いなわけではありません。60分のクラスのほうがより好きだということです

で、まず 60↑分クラスが好きな方は、どういう点が好きなのでしょう。

  • 大好きなアタックが長い時間できる
  • マスタークラスは強度低すぎ
  • いつもは1曲しかないインターバル(または別のトラック)が何曲もできる
  • 有料イベントなら60↑分でないと割が合わない

あたりでしょうか?他にもあるかもしれませんが、これらについて私の意見を言わせていただくと、

  • 大好きなアタックが長い時間できる わからなくはないですが、60↑分フルにやるのは体力的に厳しいと思います

  • マスタークラスは強度低すぎ 強度は自分で変えられますから、強度低いという状況はおかしいのでは?

  • いつもは1曲しかないインターバル(または別のトラック)が何曲もできる これもわからなくはないですが、実はこれこそが私が思う60↑分クラスの最大の欠点です(後述)

  • 有料イベントなら60↑分でないと割が合わない 通常、イベントは複数のインストラクターが何日も前から企画・準備し、さらにドリンク付きだったり小道具の準備したり大変だし、それなりに楽しませてもらっています。それでも割りは合わないですかね?

同じトラックが何曲もできる - 60↑分クラスでは必然的にそうなりますよね。Hapiness も Miracle も Boogie 2Nite もやりた~い!という願望も簡単にかなえられます。でもそれってどうなんでしょう。

マスタークラスの場合、ウォーミングアップに始まり徐々に心拍数を上げていき4曲目のピークで足をいじめ抜き、ようやく5曲目で心臓と足は休憩。ただし上腕や腹筋・胸筋はトレーニング。筋コンが終わる頃には心拍数もかなり落ち着いて…という間もなく再びランニング、アジリティと、趣きの異なる有酸素トラックで追い込んでいき、8・9曲目で2回目のピーク。そして下半身と上半身の筋コンやってクールダウン。これって見事な構成だと思いませんか?

ニーリピータやレッグカールでフォームを確認しつつ、ギャロップでその日の体の軽さを確認し、スーパーマンやボウタイラン(70-03ですね 笑)で息の切れ具合を見ながら、とりあえず全力でランジ。ランジが終わったらそそくさとマットをひいて顔を流れる汗を気にしながらプッシュアップ。あまりのキツさに『また体重増えたのかー!?』と自問しつつパンパンになった腕は放置してランニング。この分だとパワーまで持たないな~と思ったらやや手を抜きつつアジリティ。いけるときはガンガンインターバルでキック、パワートラックでハイニーラン&ジャンピングジャック。もう激しい曲はないから鏡を見ながら念入りにスクワット、余裕があれば膝を上げてクランチ。今日はどれくらい動いたかなーと振り返りながら名曲に聞き入りながらのクールダウン。
まさに完璧です!60分で12曲、2つのピークと筋コンを絶妙の順番で無駄なく並べたマスタークラスだからこそ、こうやって自分なりの世界でフルに動くことができるのです。

これが60↑分クラスだとそうはいきません。どこがピークなのか、どこで落とすのかがわからない。エアロビクストラックが終わった4曲目あたりで早くもインターバル。キックが終わったと思ったらまたキック。後半になると汗だくのウェア着替えたいなーと思ってもどうすることもできず、またキック。そろそろ終わりかな?と思ったら筋コン省略してテキトークールダウンで終了。これまで受けてきた60↑分クラスのほとんどはこんな感じです。

75ヶ国・13,000のクラブで導入されているボディアタックは、レスミルズが1993年から17年かけて積み上げ、アップデートを重ね、70回のリリースを経て完璧に近いところまで洗練されたプログラムだと思います。もちろんそれは60分のクラスフォーマットあっての話です。それを60↑分クラスにする意味はあるのでしょうか?60↑分クラスに変えたら、マスタークラス以上のレッスンが提供されるのでしょうか?60↑分クラスを企画するスポーツクラブ・インストラクターさんには、せめてマスタークラスのエッセンスを盛り込んだ上で、肉付けするような構成にして欲しいと思います。

今月もまた祝日があります。イベント・60↑分クラスもいいですが、イベントがないからといって不満に思っているあなた!マスタークラスこそ王道!と思って目いっぱいアタックを楽しんでみて下さい。きっとマスタークラスならではの自分の世界があるはずです。

FC2スレッドテーマ : フィットネス (ジャンル : ヘルス・ダイエット

(記事編集) https://bodyattack5204.blog.fc2.com/blog-entry-381.html

2010/10/02 06:23 | Comment (2) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

クラスフォーマット(レッスン時間)~その1

   ↑  2010/10/02 (土)  カテゴリー: フォーマット(時間)
先月は祝日が2日ありましたが、祝日と言えばやっぱりアタック!なわけでイベント等に参加された方も多いのではないでしょうか。私も久しぶりにボディアタックのイベント(90分)に参加しましたが、そこで強く感じたこと。それは
やっぱりマスタークラス(60分)が一番
ということです。


ボディアタックの定期レッスンは多くのところが 30分(ショートクラス)・45分・60分(マスタークラス)のいずれかでしょう(テックは除く)。そして冒頭に述べたようなイベントでは60分・75分・90分といったものが多いですかね。

30分や45分のクラス(以下、60↓分クラスと表現します)を積極的に受けられる方は、なぜマスタークラスでなく60↓分のクラスを受けられるのでしょう?(ここでの『積極的』にというのは例えば30分と60分がどちらも受けられる環境にあって30分を選択するようなことを言います。「ウチのホームでは30分しかやってないから」というのは『積極的』ではありません。)
  • 初心者なのでとりあえず短いクラスを受ける
  • マスタークラスみたいな強度を求めていない
  • 体力に自信がない
  • 怪我からの復帰・病み上がり
等の事由からでしょうか。だとすれば、より多くの人の参加が見込める60↓分クラスの存在意義がよくわかります。

でも元々ボディアタックは60分プログラムとして作られていますから、60↓分では曲数が少ない分、楽しさも少ないはずです。今は60↓分クラスを受けられている方はある意味『過渡期』で、いずれは60分クラスを中心に受けるようになってもらいたい、というのが私の願いです。

では60分より曲数が多い75分や90分はもっと楽しいんだな、ということになりますが、個人的にはあまりそう思いません。冒頭に書いたように60分クラスが一番だと思っています。75分や90分のイベントを企画・実施してくださるスポーツクラブやインストラクターの方には申し訳ないのですが、まあこういう考えもあるんだなーくらいに軽く流してください

クラスフォーマット(レッスン時間)~その2 へ続く

FC2スレッドテーマ : フィットネス (ジャンル : ヘルス・ダイエット

(記事編集) https://bodyattack5204.blog.fc2.com/blog-entry-369.html

2010/10/02 06:18 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |