FC2ブログ
 

ボディアタック・メモランダム曲紹介やコリオのレビュー等ボディアタックに関する情報発信ブログサイト 

このページの記事目次 (カテゴリー: ボディアタックを楽しむ

ボディアタックを楽しむポイント~その2~

   ↑  2010/08/21 (土)  カテゴリー: ボディアタックを楽しむ
ボディアタックを楽しむポイント~その1~ の続きです。

パフォーマンス


レスミルズプログラムには「パフォーマンス」と言われるお遊びがあります(ちなみに「オプション」とも言いますが、ここでは「パフォーマンス」と言います)。特定の曲の、特定のところに入るお遊びのような動き。正規のコリオではないけど全国的に同じ動きという、なんとも不思議なものです。やったことのない方は是非やってみましょう。

具体的には手を振ったり、ガッツポーズしたりといった軽いものから、8カウント使って1回転したり腰振ったりするものまでさまざまあります。いくつか例を挙げると
  • BA68-08 Freedom で横移動やキックのときに両手を上に上げる
  • BA67-08 Take Me to the Cloud Abobe のダブルフリックでの正面指差しからの一連の動き
  • BA62-04 Party People のサイレンに合わせて手をグルグル回す
  • BA63-06 Everybody's Free で親指を立ててグッジョブポーズ
  • BA58-04 Apache Rocks the Bottom でニーリピータの方向転換のときの一連の動き
  • BA57-03 Little Don でのコサックダンス
個人的にはビシっと決まるパフォーマンスが好きです。

ボディアタックはトレーニングの要素が強いプログラムなので、私はキッチリ・しっかり・大きく動くことを心がけて受けているつもりですが、パフォーマンスというお遊びがあることでボディアタックをより楽しく受けられているように思います。

参考までに、個人的にお気に入りベスト3のパフォーマンスを動画にしてます 少しは雰囲気が伝わるでしょうか?(基本的に音楽はついてません。残念ですが…。YouTube等に曲が載ってるものはちょっとだけ拝借しました



BA62-08 Boogie 2Nite BA64-03 Do You Wanna Funk BA69-01 I Gotta Feeling

ただしパフォーマンスは、インストラクターさんによってはない場合もあります。こういう場合はインストラクターさんのキュー出しに従うようにしましょう。スタジオプログラムである以上、インストラクターさんの指示は絶対です。

(たぶん)続く

FC2スレッドテーマ : フィットネス (ジャンル : ヘルス・ダイエット

(記事編集) https://bodyattack5204.blog.fc2.com/blog-entry-349.html

2010/08/21 21:42 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

ボディアタックを楽しむポイント~その1~

   ↑  2010/07/31 (土)  カテゴリー: ボディアタックを楽しむ
ここでは私が思う、アタックを楽しむポイントを挙げてみます。
アタックというよりレスミルズ全般に言えることが多いですが…

選曲


アタック(レスミルズ)はプレコリオプログラムで、コリオグラファーによって作成された曲とコリオが世界中のインストラクターに配信されるわけです。ここでの「選曲」とはコリオグラファーが選ぶ曲のことです。
レスミルズの人気の1つは選曲の素晴らしさではないでしょうか。アタックで使われる曲はトランスやユーロビート等のダンス系、ロック、ポップスと多岐にわたり、印象に残る曲が多いです。
例えばエアロのクラスでアタックと同じ曲を聞いても今ひとつ印象に残らないのは、私のエアロ下手(曲を聴く余裕がない)だけが原因ではないはず。レスミルズの 独特のアレンジや、コリオと曲の組み合わせの妙といった部分がそれだけ秀でているということでしょう。

筋コンディショニング


ボディアタックの最大の特徴は筋コンですね。ボディアタックの5曲目は「アスレチック・ストレングス」というトラックで、プッシュアップおよび下半身トレーニングを中心に構成されます。プッシュアップの他にもホバー、サイドプランク、ストンプ、スーパーマン、ランジ、スクワット…と、さまざまな趣向で上下半身のトレーニングをおこないます。10曲目は腹筋等のコアトレーニングで、クランチ、エクステンション、スクープ、ホバー…といったものが多いです。

筋コンがあるからアタックが好き、または嫌いという人どちらもよく聞きます。筋コンも各自のペースでやればよくて、できるとかできないとか、プッシュアップで膝を付いたらうんぬんなんてのは自分の物差しであればいいだけあって、楽しくできればそれでいいのです。

…とは言っても筋コンが楽しいわけないですよね?
実は筋コン嫌いな人・苦手な人に是非試してほしい、筋コンのコツがあります。が、これは別エントリにします

難易度と強度


ボディアタックに最も近いと思われる「エアロ」は、最近の傾向としてよりダンスの要素を取り入れたり、よりローインパクトになっているように思います。(さらにレッスン自体も減っていてヨガやピラティス、ズンバといったクラスに置き換わっているように思います。)
これに対してボディアタックですが、難易度はあまり変わりませんがコリオはよりシンプルに、強度は明らかに高くなっていってます
つまり私が思うにボディアタックは、時代とともに強度がより高くなっている貴重なクラスではないかと思います。時代の流れを無視するかのような ボディアタックの進化(と思いたい) は異彩を放つ貴重な存在ですし、今後ますますその価値は上がっていくことでしょう。

偉大なるマンネリズム


マンネリということばがありますが、ウィキペディアによれば、歴とした英語です。

マンネリズム (英: mannerism) は、文学・芸術・演技などの表現が型にはまっていることである。形式主義、様式主義。
現在では否定的な意味合いにとられ「飽きの来る・飽きてきた」、「新鮮味が無くやる前から結果が見える」、「新たな魅力性が弱いこと」、「毎度同じ単調でつまらない」、「ワンパターン」、「時代遅れ」などの意味合いを持つ。

誤解を恐れずに言うと、ボディアタックはマンネリです。少なくともここ数年間はマイナーなアップデートはあるものの、ボディアタックの大筋は変わっていませんから。でもそれが心地いい。私はコテコテの日本人ですが、日本人のDNAには「様式美を愛する心」が備わってるのではないかと思います。ラストまで印籠を出さない水戸黄門、最後はふられる寅さん、「志村ぁ~後ろうしろ!」も、吉本新喜劇も、すべてマンネリなのです。でもそれは否定的ではない、愛されるマンネリ、様式美なのです。あなたが日本の心を持つ人ならきっとボディアタックのマンネリにも心地よさを感じるはずです。

FC2スレッドテーマ : フィットネス (ジャンル : ヘルス・ダイエット

(記事編集) https://bodyattack5204.blog.fc2.com/blog-entry-346.html

2010/07/31 22:31 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

ボディアタックはこれからというあなたへ

   ↑  2010/07/29 (木)  カテゴリー: ボディアタックを楽しむ
ここではこれからボディアタックに参加する、しようと思っている、したいと思っている人向けに思いつくところを書いてみます。

そもそもスポーツクラブに入会していない人


即、入会しましょう(笑)
スポーツクラブではさまざまな入会キャンペーンをやっていますので、とりあえず入会することをお勧めします。無料体験などがあれば利用するのも手ですが、ビジター利用はかなり割高なのでお勧めしません(ザクッと、ビジター料金4回分>1ヶ月の会員料金という設定みたいです)。近所にあるスポーツクラブに入会すれば、毎日風呂だけの利用もありです。とにかくまずは入会しましょう。

スポーツクラブには入っているけどスタジオプログラムはやったことない人


スポーツクラブに入会したばかりか、またはこれまで有酸素マシンやトレーニングマシン、フリーウェイトやプール中心のエクササイズをされてきた方でしょうか?

スポーツクラブのスタジオプログラムは有酸素運動中心ですが、ボディアタック以外にもいわゆるエアロビクス(といってもかなり幅広いですが)、ヨガやピラティスといった静的なコアを意識するもの、バーベルを使って筋トレをやるもの、太極拳、アロマetc、かなり幅広いメニューが揃っています。いずれもインストタクターの動き(コリオ)を見ながら、インストラクターと同じように動くというシステムですが、いろいろ参加してみて自分に合ったプログラムを探しましょう。

ここで重要なこと。

『コリオはエクササイズの動機付けに過ぎません!』

日本人はマジメな人が多いので「インストラクターがやってることとそっくり同じことをやらないといけない」と思い込んでる人が多いですが、そうではありません。黙々と走るより音楽を聴きながらいろいろ動くほうが飽きずに運動できるので、そのためにコリオがあるわけです。他の参加者に迷惑がかからなければ好きに動いていいのです。

「私は下手だから~」とか「間違えてばっかりでダメだー」とかいう人がときどきいますが、そういうことは気にせず気楽に参加してみて、スタジオに参加する習慣を身に付けましょう。ボディアタックでもそれ以外でもなんでもいいので、まずはスタジオに入ることです

エアロビクスやズンバはやったことあるけどレスミルズやボディアタックはやったことない人


レスミルズはプレコリオプログラムです。いわゆるエアロビクス(コナミスポーツクラブでいうシェイプエアロやワークアウトエアロ等)はインストラクターがコリオを考え、展開(1ヶ月かけて3ブロック展開とか、面換え、対面等)すべてを1人でこなしますが、プレコリオの場合は1人のコリオグラファーが考えたコリオを全国のインストラクターが指導します。なのでボディアタックは世界中どこで受けても同じボディアタックです。シェイプエアロがインストラクターや店や時間帯によって千差万別なのと大きく違う点です。

で、ボディアタックですが低難度・高強度のハイインパクトエアロです。というか難度は限りなく低く、強度は限りなく高い、回転や面替えも一応あるけど超簡単!またエアロでいうサーキットのようにボディアタックでも途中で筋コンが入ります。ただ全般的には、いわゆるエアロビクスとは似て非なるエクササイズだと思います。
(決定的に異なるのはインストラクターでしょうかね。エアロのインストラクターと比べると、アタックのインストラクターはさまざまな面で劣っていると思います。がんばれ!ボディアタック・インストラクター!!)

他のレスミルズは経験あるがボディアタックはやったことない人


ここはあまり説明することはありません(笑)強いて言えば、プレコリオプログラム。レスミルズ以外にもプレコリオプログラムはありますが、私の知る限りボディアタックに相当するプログラムはありません。乱暴な言い方をすれば、コンバットやパンプは代替プログラムがありますが、ボディアタックはありません!なのでボディアタックをやらないのはもったいないです。とはいえボディアタックを導入してなかったり、都合のよい時間帯にやってなかったりするクラブもあるでしょう。そういうところでは粘り強くスタッフやお店の方にお願いしましょう

たぶん続く…

FC2スレッドテーマ : フィットネス (ジャンル : ヘルス・ダイエット

(記事編集) https://bodyattack5204.blog.fc2.com/blog-entry-345.html

2010/07/29 22:35 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |