FC2ブログ
 

ボディアタック・メモランダム曲紹介やコリオのレビュー等ボディアタックに関する情報発信ブログサイト 

このページの記事目次 (カテゴリー: ボディアタックとは

ボディアタックとは Part1

   ↑  2016/11/19 (土)  カテゴリー: ボディアタックとは
筋コンパートや30分、45分クラスの構成が(結構前ですが)変更になったので改訂しました。
旧Part1(2009/10/19) 旧Part1(2011/11/12)

ボディアタックはスポーツクラブ等で受けることのできるスタジオプログラムです。ニュージーランドのレスミルズ(Les Mills International)より提供されています。公式サイト には以下の説明があります。

BODYATTACKとは? まったくの初心者からより強度を求める人まで幅広く対応したハイエナジーワークアウトです。
プッシュアップやスクワットなどの筋力強化エクササイズと、ランニング、ランジ、ジャンプなどのアスレチックエクササイズの動きを組み合わせたトレーニングです。 LES MILLS™ のインストラクターは、ワークアウトを通してモチベーションを上げ、あなたの限界に挑戦させてくれます。最大730カロリー*を燃焼させるトレーニングは、達成感で一杯にしてくれます。

(ちなみに730「キロ」カロリーだよね?レスミルズの表記にはいつも「キロ」がないんだけど?)
参考までに、↓は2014年くらいまでのボディアタックの説明です。当時は「エクササイズ」と定義されていましたが、現在は前述のように「トレーニング」となっています。

Get Fit Stay Fit Get Fitter!
BODYATTACKは音楽を楽しみながら行う、シンプルでハイインテンシティなグループエクササイズです。ハイエナジーなスポーツトレーニングの動作を行い心肺機能を高め、また、上半身・下半身のコンディショニングも行うトータルバランスのとれたエクササイズです。

エアロビクス本来の楽しさと激しさを追求したエクササイズ
ボディアタックは、11のトラック(曲)で構成され、心拍数のピークを2つ作るダブルピークインターバルトレーニング(2つのエアロビクスパートが組み合わされたプログラム)です。各トラック毎にエクササイズの目的を持っており、カーディオフィットネスとスタミナにチャレンジします。

シンプル&ダイナミック
ハイインテンシティ(高強度)で、ハイインパクト(高衝撃)エクササイズであることで、筋肉が短時間で最大筋力を発揮することができるため、より一層のトレーニング効果を獲得することができます。より高いワークアウトを望んでいるエアロビクスヘビーユーザー、より体力をつけたいと思っている方に最適なプログラムです。

ボディアタックの難度(難しさを表す)は低く、ややこしい手足の動きや、覚えにくいコリオはありません。
ボディアタックの難度はエアロビクスでいうと初心者レベルです。エアロビクスをやる上で、コリオやコンビネーションに魅力を感じる方の場合、ボディアタックは単調でつまらないかもしれません。
その反面、ボディアタックの強度はエアロビクスよりも高いと思います。ハイインパクトのエアロビクスが減少傾向にある中、ボディアタックほどキックがあるエクササイズは少ないと思います。
あと筋コンディショニングトレーニングが多いのもボディアタックの特徴でしょう。エアロビクスでも上級やサーキットでは筋コンの多いレッスンはありますが、ボディアタックはプッシュアップ(腕立て伏せ)+スクワットまたはランジ、腹筋がそれぞれ1曲ずつ用意されていますので、筋トレやボディパンプが苦手な方でも楽しくトレーニングできると思います。個人的にはボディアタックはキックより筋コンのほうに魅力を感じており、エアロビクスパートより筋コン(プライオメトリックを含む)が充実しているほうが好きです。
ボディアタックのプログラム構成は公式サイトにはありませんが、以下にまとめておきます。
プログラム構成 BODYATTACK(ボディアタック)1レッスン
Music 30分 45分 60分 レッスン内容
1曲目 ウォームアップ
ローインパクトの動きで可動域を広げ、身体を温める。
2曲目 ミックスインパクト
ロー・ミディアムインパクトからハイインパクトの間で動き、更に可動域を広げる。
3曲目     エアロビック
大きい動きや方向転換なども加え、トレーニングのスタート。
4曲目 プライオメトリック
1つ目のピーク・“プライオメトリック”な動作で下半身に負荷をかける。
5曲目   アスレチック・ストレングス
心肺機能のリカバリーをすると同時に、肩・胸・二の腕・コア(体幹部)と下半身のトレーニング。
6曲目   ランニング
輪になり、走る動作を中心に、2つ目のピークに向け再び脚の準備。
7曲目 アジリティ
2つのグループに分かれ、方向転換の素早い反応と、バランス感覚のトレーニング。
8曲目     インターバル
ワーク&リカバリーのセットでカーディオチャレンジ。
9曲目 パワー
強度の高い、力強い動きを最大努力で行なう最後のピーク。
10曲目   コア・ストレングス
腹筋を中心としたコア(体幹部)のコンディショニング。
11曲目     クールダウン
呼吸を整えストレッチ。
12曲目     アスレチック・ストレングス(ショート)
アスレチック・ストレングスの短縮版

ボディアタックの上記11曲のまとまりを、このサイトでは「バージョン」または「ナンバー」と呼んでいます。 ボディアタックは3ヶ月毎に新バージョン、つまり新しい曲と新しいコリオがレスミルズによってリリースされ、スポーツクラブのような機関を通してわれわれのような末端(スポーツクラブの会員等)までリリースされていきます。各バージョンは「BodyAttack34」のように表現されます。 日本では最初のリリースが「BodyAttack34」、以後1つずつリリースされてきて2016年11月時点での最新は「BodyAttack94」です。(BodyAttack35,36は日本では未リリースです。) ボディアタックとは Part2

FC2スレッドテーマ : フィットネス (ジャンル : ヘルス・ダイエット

(記事編集) https://bodyattack5204.blog.fc2.com/blog-entry-852.html

2016/11/19 08:46 | Comment (5) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

(旧)ボディアタックとは Part1

   ↑  2011/11/12 (土)  カテゴリー: ボディアタックとは
本内容は改訂されています。最新版(2016.11.19)は こちら


ボディアタックはスポーツクラブ等で受けることのできるスタジオプログラムです。ニュージーランドのレスミルズ(Les Mills International)より提供されています。

ボディアタック (レスミルズジャパン) の 公式サイト には以下の説明があります。
Get Fit Stay Fit Get Fitter!
BODYATTACKは音楽を楽しみながら行う、シンプルでハイインテンシティなグループエクササイズです。ハイエナジーなスポーツトレーニングの動作を行い心肺機能を高め、また、上半身・下半身のコンディショニングも行うトータルバランスのとれたエクササイズです。
 
エアロビクス本来の楽しさと激しさを追求したエクササイズ
ボディアタックは、11のトラック(曲)で構成され、心拍数のピークを2つ作るダブルピークインターバルトレーニング(2つのエアロビクスパートが組み合わされたプログラム)です。各トラック毎にエクササイズの目的を持っており、カーディオフィットネスとスタミナにチャレンジします。
 
シンプル&ダイナミック
ハイインテンシティ(高強度)で、ハイインパクト(高衝撃)エクササイズであることで、筋肉が短時間で最大筋力を発揮することができるため、より一層のトレーニング効果を獲得することができます。より高いワークアウトを望んでいるエアロビクスヘビーユーザー、より体力をつけたいと思っている方に最適なプログラムです。


以下は私の考えですが、ボディアタックはエアロビクス的に見れば低難度、高強度ハイインパクトエアロビクスです。

難度(難しさを表す)は低い、すなわちややこしい手足の動きや、覚えにくいコリオはありません。
ボディアタックの難度はエアロビクスでいうと初心者レベルでしょうか。エアロビクスをやる上で、コリオやコンビネーションに魅力を感じる方の場合、ボディアタックは単調でつまらないかもしれません。
その反面、ボディアタックの強度はエアロビクスよりも高いと思います。ハイインパクトのエアロビクスが減少傾向にある中、ボディアタックほどキックがあるエクササイズは少ないと思います。

あと筋コンディショニングトレーニングが多いのもボディアタックの特徴でしょう。エアロビクスでも上級やサーキットでは筋コンの多いレッスンはありますが、ボディアタックはプッシュアップ(腕立て伏せ)、スクワットまたはランジ、腹筋がそれぞれ1曲ずつ用意されていますので、筋トレやボディパンプが苦手な方でも楽しくトレーニングできると思います。個人的にはボディアタックはキックより筋コンのほうに魅力を感じており、エアロビクスパートより筋コン(プライオメトリックを含む)が充実しているほうが好きです。

参考までに、コナミスポーツクラブのIT健康管理システム e-XAXによれば、体重70kgの人が60分のボディアタックをおこなうと約600kcalが消費されるようです。

ボディアタックのプログラム構成は、公式サイト に説明があります(以下)。
プログラム構成 BODYATTACK(ボディアタック)1レッスン
Music 30分※ 45分 60分 レッスン内容
3D HE
1曲目   ウォームアップ
ローインパクトの動きで可動域を広げ、身体を温める。
2曲目 ミックスインパクト
ロー・ミディアムインパクトからハイインパクトの間で動き、更に可動域を広げる。
3曲目 エアロビック
大きい動きや方向転換なども加え、トレーニングのスタート。
4曲目   プライオメトリック
1つ目のピーク・“プライオメトリック”な動作で下半身に負荷をかける。
5曲目     アッパーボディコンディショニング
心肺機能のリカバリーをすると同時に、肩・胸・二の腕・コア(体幹部)のトレーニング。
6曲目     ランニング
輪になり、走る動作を中心に、2つ目のピークに向け再び脚の準備。
7曲目 アジリティ
2つのグループに分かれ、方向転換の素早い反応と、バランス感覚のトレーニング。
8曲目 インターバル
ワーク&リカバリーのセットでカーディオチャレンジ。
9曲目   パワー
強度の高い、力強い動きを最大努力で行なう最後のピーク。
10曲目 ●※ ●※   ローワーボディ/コアコンディショニング
下半身とコア(体幹部)のコンディショニング。
11曲目     クールダウン
呼吸を整えストレッチ。

※ボディアタック30の 3D は 3D Workout、HE は High Energy Cardio です。
※ボディアタック30(3D Workout)、45分の8、9曲目はどちらかを選択します。
※ボディアタック30のラストトラックはローワーコンディショニングのみ行います。
(30分クラスはクールダウントラックを使用しませんが、下肢の簡単なストレッチを行います。)
上の表では10曲目がローワーボディ/コアコンディショニングトラックとありますが、実際にはこのトラックは2曲で構成されますので、全12曲になります。レスミルズがなぜこういう表現をするのかわかりません・・・

ボディアタックの上記11曲のまとまりを、このサイトでは「バージョン」と呼んでいます。
ボディアタックは3ヶ月毎に新バージョン、つまり新しい曲と新しいコリオがレスミルズによってリリースされ、スポーツクラブのような機関を通してわれわれのような末端(スポーツクラブの会員等)までリリースされていきます。各バージョンは「BodyAttack34」のように表現されます。

日本では最初のリリースが「BodyAttack34」、以後1つずつリリースされてきて2011年11月時点での最新は「BodyAttack74」です。(BodyAttack35,36は日本では未リリースです。)

ボディアタックとは Part2

ここからは余談ですが、今回プログラム構成に合わせて、上の表にある30分、45分、60分のクラスをそれぞれボディアタック30、ボディアタック45、ボディアタック60と呼ぶようになりました。(以前は60分のクラスをマスタークラス、30分のクラスをショートクラスと呼んでました。)
「ボディアタック60」と言ったとき、それは60分クラスという意味の「ボディアタック60」なのか、リリース60を意味する「ボディアタック60」なのか、それだけでは判断できませんのでご注意を。
A[明日xx店でアタックある?」
B「あー、60があるよ。」
なんていう会話を耳にしたら、Bさんが言ってるのが「60分クラスがあるよ。」なのか「今古い曲やってる時期で明日はリリース60をやるってインストラクターさんが言ってたよ。」なのかは2人のアタックマニア度で判断しましょう

FC2スレッドテーマ : フィットネス (ジャンル : ヘルス・ダイエット

(記事編集) https://bodyattack5204.blog.fc2.com/blog-entry-540.html

2011/11/12 09:10 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

ボディアタックとは Part2

   ↑  2010/07/27 (火)  カテゴリー: ボディアタックとは
新曲シーズンもほぼ終わり、我らがボディアタック業界はミックス期に突入しつつあり、新曲のところも少なくなってきていることでしょう。このサイトも BodyAttack69 のコリオメモ・レビューを書いてからかなり時間が経っており、ミックス期突入に合わせて古い曲のコリオメモ作成に復帰です!

…のはずなんですが、個人的に BodyAttack69 がとてもお気に入りで新曲が終わるのが残念で、今ひとつ古い曲のコリオメモを作る気力がわきません。

そこで以前から書こうと思っていた

  • ボディアタックをよく知らない人
  • これからボディアタックを始めようと思っている人
  • ボディアタック初心者・初級者

といった方々向けに、少しでもボディアタックを知ってもらい、素晴らしさを理解してもらえるよう、思うところを書いてみようと思います。

ただ上のような方々が 『こんなマニアックかつニッチなサイトを訪問しているのか?』 という声はありますが、まそういうツッコミは華麗にかわして(68のアジリティで相手をかわすイメージで )とりあえず書いていこうと思います。

ボディアタックはこれからというあなたへ
ボディアタックを楽しむポイント~その1~
ボディアタックを楽しむポイント~その2~

参考までに、私はボディアタック暦約6年、アタック専門ですが、コンバット、ステップ、パンプ、ヒーリングはやったことあります。ジャム、バイク、バイブはありません。プレコリオプログラムはレスミルズしかやったことありません。エアロビクスは一通りやったことあります。

(あとどうでもいいですが BodyAttack69、一部残念な曲がありますが 大好きです)

FC2スレッドテーマ : フィットネス (ジャンル : ヘルス・ダイエット

(記事編集) https://bodyattack5204.blog.fc2.com/blog-entry-344.html

2010/07/27 23:49 | Comment (2) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

(旧)ボディアタックとは Part1

   ↑  2009/10/19 (月)  カテゴリー: ボディアタックとは
本内容は改訂されています。最新版(2016.11.19)は こちら


ボディアタックはスポーツクラブ等で受けることのできるスタジオプログラムです。ニュージーランドのレスミルズ(Les Mills International)より提供されています。

ボディアタック (レスミルズジャパン) の 公式サイト には以下の説明があります。
Get Fit Stay Fit Get Fitter!
BODYATTACKは音楽を楽しみながら行う、シンプルでハイインテンシティなグループエクササイズです。ハイエナジーなスポーツトレーニングの動作を行い心肺機能を高め、また、上半身・下半身のコンディショニングも行うトータルバランスのとれたエクササイズです。
 
エアロビクス本来の楽しさと激しさを追求したエクササイズ
ボディアタックは、11のトラック(曲)で構成され、心拍数のピークを2つ作るダブルピークインターバルトレーニング(2つのエアロビクスパートが組み合わされたプログラム)です。各トラック毎にエクササイズの目的を持っており、カーディオフィットネスとスタミナにチャレンジします。
 
シンプル&ダイナミック
ハイインテンシティ(高強度)で、ハイインパクト(高衝撃)エクササイズであることで、筋肉が短時間で最大筋力を発揮することができるため、より一層のトレーニング効果を獲得することができます。より高いワークアウトを望んでいるエアロビクスヘビーユーザー、より体力をつけたいと思っている方に最適なプログラムです。



以下は私の考えですが、ボディアタックはエアロビクス的に見れば低難度、高強度ハイインパクトエアロビクスです。

難度(難しさを表す)は低い、すなわちややこしい手足の動きや、覚えにくいコリオはありません。
ボディアタックの難度はエアロビクスでいうと初心者レベルでしょうか。エアロビクスをやる上で、コリオやコンビネーションに魅力を感じる方の場合、ボディアタックは単調でつまらないかもしれません。
その反面、ボディアタックの強度はエアロビクスよりも高いと思います。ハイインパクトのエアロビクスが減少傾向にある中、ボディアタックほどキックがあるエクササイズは少ないと思います。

あと筋コンディショニングトレーニングが多いのもボディアタックの特徴でしょう。エアロビクスでも上級やサーキットでは筋コンの多いレッスンはありますが、ボディアタックはプッシュアップ(腕立て伏せ)、スクワットまたはランジ、腹筋がそれぞれ1曲ずつ用意されていますので、筋トレやボディパンプが苦手な方でも楽しくトレーニングできると思います。個人的にはボディアタックはキックより筋コンのほうに魅力を感じており、エアロビクスパートより筋コン(プライオメトリックを含む)が充実しているほうが好きです。

参考までに、コナミスポーツクラブのIT健康管理システム e-XAXによれば、体重70kgの人が60分のボディアタックをおこなうと約600kcalが消費されるようです。

ボディアタックのプログラム構成は公式サイト に説明があります(以下)。
プログラム構成 (ボディアタック1レッスン)
Music 30分 45分 60分 レッスン内容
1曲目 ウォームアップ
ローインパクトの動きで可動域を広げ、身体を温める
2曲目 ミックスインパクト
ロー・ミディアムインパクトからハイインパクトの間で動き、更に可動域を広げる
3曲目 エアロビック
大きい動きや方向転換なども加え、トレーニングのスタート
4曲目   プライオメトリック
1つ目のピーク・“プライオメトリック”な動作で下半身に負荷をかける
5曲目   アッパーボディコンディショニング
心肺機能のリカバリーをすると同時に、肩・胸・二の腕・コア(体幹部)のトレーニング
6曲目 ランニング
輪になり、走る動作を中心に、2つ目のピークに向け再び脚の準備
7曲目   アジリティ
2つのグループに分かれ、方向転換の素早い反応と、バランス感覚のトレーニング
8曲目 インターバル
ワーク&リカバリーのセットでカーディオチャレンジ
9曲目 パワー
強度の高い、力強い動きを最大努力で行なう最後のピーク
10曲目     ローワーボディコアコンディショニング
下半身とコア(体幹部)のコンディショニング
11曲目 クールダウン
呼吸を整えストレッチ
※30分、45分の8曲目・9曲目はどちらかを選択

ちなみに60分のクラスをマスタークラス、30分のクラスをショートクラスと言います。45分はなぜか呼び名がありません。

ボディアタックの上記11曲のまとまりを、このサイトでは「バージョン」と呼んでいます。
ボディアタックは3ヶ月毎に新バージョン、つまり新しい曲と新しいコリオがレスミルズによってリリースされ、スポーツクラブのような機関を通してわれわれのような末端(スポーツクラブの会員等)までリリースされていきます。

各バージョンは「BodyAttack34」のように表現されます。日本では最初のリリースが「BodyAttack34」、以後1つずつリリースされてきて2009年12月時点での最新は「BodyAttack67」です。(BodyAttack35,36は日本では未リリースです。)
ボディアタックとは Part2

FC2スレッドテーマ : フィットネス (ジャンル : ヘルス・ダイエット

(記事編集) https://bodyattack5204.blog.fc2.com/blog-entry-116.html

2009/10/19 23:21 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |